当ブログについて

管理人:WMS
政治・経済・金融を中心した2chまとめサイトです。

相互RSS・リンク歓迎です。 依頼フォームよりご連絡ください。


このサイトの全記事一覧

最新記事
最新コメント
ページ内人気記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
アクセスカウンター
他サイト様人気記事
 
 

【企業】シャープ、インドにも液晶パネル工場建設へ



ph20170117_37.png 

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/14(土) 14:48:24.64 ID:CAP_USER
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO11681350T10C17A1TJC000/
 台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業と傘下のシャープはインドで液晶パネル工場を建設する検討に入った。昨年末に中国広東省に世界最大級の工場を建設する計画を発表し、13日には米国で現地生産を検討していると明らかにした。薄型テレビの需要増を見込むインドでも事業を広げる狙い。大消費地に近い各地で大型工場を展開する戦略だが、供給過剰は価格下落を招きかねず、巨額投資にはリスクが潜む。

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1484372904/


関連記事


【教育】東京都、来年度から世帯年収760万未満の私立高生対象に授業料無償化へ 約3割の生徒が対象



ph20170117_36.jpg 

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/16(月) 21:26:53.59 ID:CAP_USER
東京都の小池百合子知事は16日、2017年度から都内在住の私立高生の約3割を対象に
授業料を実質無償化すると発表した。世帯年収760万円未満(夫婦と子供2人のモデル世帯の場合)の 生徒約5万1000人を対象に、年間授業料の平均額にあたる44万2000円を上限に国と合わせて補助する 都外の高校に通う生徒も対象にする。17年度予算で現行の助成金に75億円を上乗せする。 

 私立高の授業料無償化は大阪府などが先行しているが、対象世帯年収の幅広さは全国トップクラスとなる。 都によると、都内の平均年収約650万円を基準に、平均以下の家庭の負担軽減を重視した。 小池知事は昨年7月の知事選で給付型奨学金の拡充を公約に掲げていた。

ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20170117/k00/00m/040/038000c#csidxc18aa6eb3f7207cba75fdd71d922618
Copyright 毎日新聞

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1484569613/


関連記事


【米国】TPPは「終焉」、2国間交渉に注力=トランプ氏顧問



ph20170117_35.png 

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/14(土) 09:18:48.51 ID:CAP_USER
http://jp.reuters.com/article/tpp-trump-idJPKBN14X2K0

[ワシントン 13日 ロイター] - トランプ次期米大統領が脱退の意向を示している環太平洋連携協定(TPP)について、 トランプ氏の政策顧問は「TPPは終焉を迎えた。これ以上強調しきれないほど明らかだ」と述べ、2国間の貿易協定交渉を迅速に進めていくことを明らかにした。

トランプ氏が次期国務長官に選んだティラーソン氏は11日、TPPに反対しないと述べた上で
「合意事項が米国の利益に最大限かなうのかどうかについて、トランプ氏と見解を共有するところもある」としている。

これについて12日夜に電話インタビューに応じた政策顧問はティラーソン氏は自由貿易について私見を述べたにすぎないと説明。
次期政権は多国間貿易協定を結ばないと強調。「2国間交渉の進展に目をむくことになる」と語った。

(続きはサイトで)

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1484353128/


関連記事


【家電】韓国LG、有機ELパネルの製造歩留まりが1年で85%を超えるまで改善 今年の出荷台数は90万→170万台に倍増へ



ph20170117_34.png 

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/16(月) 18:35:05.18 ID:CAP_USER
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/event/15/121500094/011600071/

 韓国LG Display社は現在、大型有機ELバネルの世界的な独占メーカーである。
中国では、LG Display社のパネルと同じ白色有機EL方式により、中国BOE Technology Group社が55型パネルを自社開発し、 中国Skyworth社がテレビセットとして販売する計画を立てているが、現在のところはLG Display社の実質独占だ。 

 「CES 2017」(2017年1月5~8日、米国ラスベガス)ではソニーが加わり、日本メーカーのソニーとパナソニックと 東芝、韓国のLG Electronics社、中国のSkyworth社とChanghong社、トルコのVestel社、ドイツのLoewe社とMetz社と Grundig社、そしてPhilipsブランド(台湾TP Vision社)が現在の“有機ELフリート”だ。逆に採用していないのは 韓国のSamsung Electronics社、中国のTCL社とHisense社くらいとなった。

 市場での勢いもついてきた。米国ではブラックフライデーとクリスマス商戦で、「LG Electronics社の65型と55型の有機ELテレビが、同クラスの安価な液晶テレビより売れた」というデータがある。

米国の大手家電販売店「Best Buy」では有機ELテレビが収益向上の目玉になった。新しい機器は、
認知されるまでにある程度時間がかかるが、それが認められると口コミなどで広がる段階になる。
 LG Display社のパジュ工場における2016年の有機ELパネル生産は、55型換算で約90万枚だった
(マザーガラス基板1枚から、55型パネル8枚を生産できる)。パネルの製造歩留まりも4K品で85%を超えた。

2015年は45%前後だったから、かなり頑張った。2016年後半には、4K品で攻勢をかけ、生産量は月産10万枚を超えた。
 
画質性能面でも顕著な進化があった。パネルが第2世代になり、黒の階調性が向上した。第2世代といっても、 時々刻々改良されているため、後になって市場に出る方が画質が上がっている。これは、セットメーカーの製品を時系列的に見ていると、 よく分かる。色再現は、白色を形成する原色レイヤーを増やし、DCIで98%まで向上させた。表示速度も改善した。
  
HDRについては、ピーク輝度を第1世代に比べて25%アップさせた。2017年の製造は170万台を目指す。 第8.5世代の生産ライン「E4-2」が稼働すると、さらに90万台増える見込みだ。2018年度には250万台に到達するとしている。

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1484559305/


関連記事


【通販】アマゾン、今度は配送センターと家をつなぐ地下トンネルを考案 2ch「あれ?飛行船から投下は無かったことになったの?」 「きっと次は量子テレポーテーション配達が来るはず」



1: 海江田三郎 ★ 2017/01/16(月) 21:21:02.79 ID:CAP_USER
http://www.gizmodo.jp/2017/01/amazon-tunnel-patent.html
no title


上がダメなら下から?
既存の配送手段じゃ飽き足らず、ドローンや空飛ぶ倉庫といった斬新な方法を検討中のAmazon。
でもドローン構想が発表されたのはもう3年以上前の話で、Amazonのスピード感からすると、まだできてないのかな?
ともどかしい感じもします。でも大丈夫、彼らは今、上がダメなら下から行く可能性を検討しているみたいです。

Newsweekによれば2016年11月末、Amazonは商品配送用地下トンネルシステムに関する特許を承認されていました。
申請文書によれば、このシステムは真空チューブやコンベアベルトを駆使してAmazonの配送センターとユーザーの家、 それから駅や空港、ロッカーなどを地下でつなぐもののようです。

この文書では、従来ならトラックで配送されていた商品が地下トンネル経由でユーザーに届けられることで、 配送がより確実になるだけでなく、渋滞の緩和にもつながる、とされています。日本ではこの年末 「Amazonの荷物が多すぎて宅配ドライバーが疲弊している」という問題が提起されましたが、宅配便に代わる手段が広がれば、 この問題も解消へ向かうはずです。

でもじつは2016年にはイギリスのMole Solutionsという会社が貨物用パイプラインのコンセプトを発表していました。
またTeslaのCEOでハイパーループ構想をぶち上げたイーロン・マスク氏も、渋滞がうっとうしいからトンネルを掘りたい、 ほんとにやるからねとこの年末に言っていました。ただしAmazonがこのトンネルシステムの特許を申請したのは2014年5月なので、 他の人が言ってるからマネしてみた、というわけじゃなさそうです。

でも実際地下にトンネルを掘るなんて簡単じゃないだろうし、技術や権利の問題をクリアできたとしても、コストが莫大になりそうです。
なので特許を承認されたからといって、Amazonが本当にこんなトンネルを掘ろうとしているのかどうかは不明です。 

ともあれAmazonは、ボタンひと押しで注文できる「Amazon Dash Button」とか、 会計不要のリアル店舗「Amazon Go」とか、ユーザーが欲しいと思ってから実際手に入れるまでの時間を極小化 するための方法を何でもありの発想で考案し、実際に形にしています。地下トンネルはさておき、いつかテレポーテーションを誰かが実現するとしたら、 それはAmazonなのかも…なんて妄想してしまいます。

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1484569262/


関連記事


 
 
最新記事
 
 
 
 
天気予報

-天気予報コム-
検索フォーム
RSS・SNS・QR
  •  
  • にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ビジネス)へ
QR
為替レート
パーツ提供:FX比較のALL外為比較
アンテナサイト様
相互サイト様
おすすめサイト
人気記事
投票
アンケート
Face book
他サイト様新着記事
はてなブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ページ先頭へ HOME