当ブログについて

WMS

管理人:WMS
政治・経済・金融を中心した2chまとめサイトです。

相互RSS・リンク歓迎です。 依頼フォームよりご連絡ください。


このサイトの全記事一覧

最新記事
最新コメント
ページ内人気記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
アクセスカウンター
他サイト様人気記事
 
 

【マネー】30・40代の貯蓄額は平均132万円、貯蓄ゼロも4人に1人



ph20170320_33.jpg 

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/19(日) 09:39:54.62 ID:CAP_USER
http://news.mynavi.jp/news/2017/03/06/284/


SMBCコンシューマーファイナンスは3月6日、「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2017」を発表した。
調査は1月17日~19日、30歳~49歳の男女1,000名を対象にインターネットで行われた。

お小遣い平均額は未婚、既婚、子の有無で違い
毎月自由に使えるお金はいくらあるか聞いたところ、全体の平均額は3万1,895円、未婚者は3万9,122円、 子どものいない既婚者は3万6,204円、子どものいる既婚者は2万4,083円となった。
また、子ども(末子)の成長段階別に平均額をみると、乳児~未就学児(1万9,045円)や、中学生(2万2,426円)では、 そのほかの成長段階よりも自由に使えるお金が少なかった。

さらに、毎月自由に使えるお金の平均額を年代別に比較したところ、 20代は3万422円(同社「20代の金銭感覚についての意識調査2016」より)、30代は3万896円、 40代は3万2,895円でさほど違いは見られなかった。しかし、未婚者と既婚者にわけて年代別にみると、 未婚者では20代3万2,997円、30代3万8,292円、40代4万293円となり、既婚者では20代1万9,376円、30代2万4,230円、40代2万9,151円に。

未既婚別では年代が上がるにつれて自由に使えるお金が多くなる傾向と、同年代では既婚者より未婚者で自由に使えるお金が多い傾向がみられた。

現在貯蓄できているお金はいくらあるか聞いたところ、貯蓄できていないとする「0万円」が25.4%と、 およそ4人に1人の割合でみられ、「1万円~50万円以下」(28.3%)と合計すると、半数以上(53.7%)の人が貯蓄額50万円以下であることがわかった。

一方で、「400万円超~500万円以下」(5.4%)、「500万円超~1千万円以下」(6.6%)、「1千万円超」(6.6%)といった回答も少なくなく、 貯蓄額が300万円を超えている人は合計で20.4%とおよそ5人に1人の割合となった。

家族形成状況別に貯蓄額を調整平均で比較すると、全体では132万円、未婚者は111万円、子どものいない既婚者は228万円、子どものいる既婚者は123万円となった。

さらに、貯蓄額の調整平均を年齢別(5歳区切り)に比較すると、20代前半~30代後半までは貯蓄額の
上昇傾向が続くが(20代前半28万円→20代後半72万円→30代前半95万円→30代後半154万円)、
30代後半以降は横ばい(30代後半154万円→40代前半147万円→40代後半154万円)だった。

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1489883994/




amazon
     

【保険】若者の生命保険離れが深刻に 2ch「結婚して子供でもいなければ保険なんか要らんだろ」「保険金払い渋ってるのがバレたんだから当然」



ph20170317_37.jpg 

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/15(水) 16:12:53.75 ID:CAP_USER
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170311-00000000-sh_mon-bus_all

一般社団法人 生命保険協会が2016年10月に公表した「2016年版 生命保険の動向」によると、
個人保険の保有契約高(死亡保障などの主要保障の金額)は平成26年(2014年)度末が857兆円で、 平成27年(2015年)度末は858兆円となり、19年ぶりに前年度を上回った。
個人保険の保有契約高のピークは平成8年(1996年)度末の1,495兆円で、それ以降、減少傾向が続いていた。

 前年度を上回ったのは、運用によって将来受け取る保険金が変わる「終身型変額保険」など、
一時払いの商品で新たな契約が増加しているほか、現在の契約を活用して新たな保険を契約する
「転換契約」の減少や、解約・失効高が減少していることが影響したと指摘している。

 一方、株式会社カカクコムは、運営するサイト「価格.com」の登録ユーザー1,748名を対象に、
生命保険に関する調査を実施し、その結果を2月27日に発表した。調査期間は1月12日から18日。

 生命保険に「加入している」と回答したのは79.7%で、2009年に実施した前回調査の89.9%から、 加入率が10.2%低下した。年代別では、20代で-18.9ポイント、30代で-15.8ポイント、40代で-16.7ポイントと大幅な減少が見られた。
若年層を中心として、全体的に生命保険の加入率が低下傾向にある。

 加入している生命保険を複数選択で聞いたところ、「生命保険(終身)」が73.2%で最も多かった。
以下、「生命保険(定期)」(33.9%)、「個人年金保険」(30.1%)、「学資保険」(11.9%)、「養老保険」(10.9%)が続いた。

 個人保険の保有契約高は19年ぶりに前年を上回ったものの、長い間減少傾向が続いている。
特に若い世代を中心に生命保険の加入率が低下しているようだ。

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1489561973/




amazon
     

【国内】財政の破綻が懸念されるのに、なぜ人々は国債を買うのか



ph20170317_31.jpg 


1: 海江田三郎 ★ 2017/03/16(木) 19:21:20.38 ID:CAP_USER
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/9093
筆者は、財政は破綻しないと信じていますが、「いつかは政府が破産する」と考えている人は大勢います。そうした人々も、よろこんで日本国債に投資しています。

 長期国債は、政府が破産するという噂だけで国債相場が暴落する可能性がありますので、現金などよりも危険なはずです。
そんな危険なものを、なぜ持っているのでしょうか? これについては、最近まで「バブルとしか言いようがない」と考えていました。
 ちなみに、バブルという言葉は、株や土地や国債などの値段が暴騰した後に暴落する、というイメージですが、暴騰しなくても、暴落する可能性が高いものを皆が競って買っているのであれば、バブルと呼んで良いでしょう。
一例としては、「田舎の貸し家は、将来的に空き家になって無価値になる可能性が高いので、これが大量に建設されているのはバブルだ」といった呼び方です。

 しかし、日銀が「長期金利ゼロを目標とする」と宣言してから考えを変えました。人々が政府の破産を予想して長期国債を売却すると、 長期国債の利回りが上がります。そうなれば、日銀が長期金利をゼロに戻すために長期国債を大量に買うでしょう。
投資家としては、その時に保有国債を日銀に売れば、損失は生じないので、安心なのです。
これで終わりではありません。政府が破産する時、何が起きるのかを想像することは容易ではありませんが、日銀も同時に破産する可能性は十分高いでしょう。それならば、日本銀行券(紙幣)や銀行預金(引き出しても日銀券がもらえるだけ)、 準備預金(銀行の日銀に対する預金)などは、大変危険な資産のはずです。
 しかし、人々は喜んでこれを持っています。「近日中に日本政府が破産する可能性は非常に低い。一方で、ドルを買えばドル安になるリスクがあり、 来年使う予定の消費財を買えば保管コストが必要だから、現金で持つ方がまだマシだ」ということだからです。

 実際に政府の破産可能性が高まってきた時点では、誰もそんな国の通貨は持ちたがらないので、猛烈なドル高になるでしょう。それを考えれば、今から少しずつドルを買っておくのは合理的なのかもしれませんが、 実際に起きているのは、日本人のドル安円高恐怖症が政府破産の恐怖に勝っている、といったところでしょう。
 実際には、政府が破産することは考えにくく、最悪の場合でも最後は日銀に国債を引き受けさせるでしょうから、 猛烈なインフレになると予想している人も多いようです。その場合には、やはり国債も現金も価値が目減りする一方で、 猛烈なドル高になるでしょう。それなら、今のうちからドルを買っておけば、と思いますが、そうはなっていません

 要するに、「日本政府は、いつかは破綻するが、しばらくは大丈夫」と皆が思っているわけです。
皆がそう思って資金を引き揚げないので、政府はいつまでも自由に借金ができ、借金ができるから破綻しないのです。これってバブルでは?
 人々が「いつかは株価は暴落するだろうが、暫くは大丈夫だろう」と考えて買い注文を出している間は、 バブルは続きます。もっとも、株価のバブルは、次第に株価が上昇していき、いつかは高くなりすぎて崩壊することになります。

 一方で、国債のバブルの場合は、価格が上昇していかないので、永続する可能性があります。
ある日突然、人々が「そろそろ危なそうだから、ドルを買おう」と思う時がくれば別ですが、多くの投資家が同時に そう思って日本政府から資金を引き揚げる、といった事態はなかなか想像しにくいものがあります。
 このまま行けば、多くの投資家が財政は破綻すると思っているのに、「暫くは大丈夫だろう」と思って 政府に資金を提供しているため、その状態が永続し、結局政府は破産しない、ということが起こりそうですね。
 結局それって、財政は破綻しない、ということですね。冒頭に述べたように、筆者は財政は破綻しないと考えています。
本稿を通じて見えてきたのは、その予想が当たりそうだ、ということです。

 極端な話ですが、人々が永遠に政府への資金提供を続けているうち、少子高齢化で人口が減少していき、日本人が最後の一人になったとします。
その子は日本人の個人金融資産1700兆円を相続し、政府に1000兆円(政府の借金残高)の税金を納めて、残った700兆円で豊かに暮らすでしょう。
 実際には、そこまで行く前に、大増税が行われるはずです。

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1489659680/




amazon
     

【経済】銀行などの金融機関がデビットカードの普及に乗り出す、使いすぎる心配がない事をアピール



ph20170315_39.jpg 

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/13(金) 10:53:44.96 ID:CAP_USER
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/market/post_124615/

現金を使わない「キャッシュレス」の流れを加速しようと、銀行など金融機関が口座から 即座に代金を引き落とす「デビットカード」の普及に乗り出しています。みずほ銀行は今年から、 JCBと組んで「みずほJCBデビット」の取り扱いを始めました
。利用者には、月に1回でも利用すると翌々月のATMの時間外手数料が無料になるサービスがあるほか、 毎月の利用金額に応じて一定額がキャッシュバックされるメリットがあります。クレジットカードと違って、 使いすぎる心配がない点をアピールし、現金から切り替えを促したい考えです。
 
一方、都内では女優の上戸彩さんが「VISAデビット」をPRするイベントが開かれました。
ビザは現在、15の銀行と提携して、デビットカードを発行しています。金融機関側にも、客がどこでいくら使っているか、 といった情報をリアルタイムで見ることができ、マーケティングに活用できるという意外なメリットがあるといいます。

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1484272424/




amazon
     

【くじ】「宝くじはランダム」は本当か? ビッグバンより稀な現象が起きても「偶然」と言い切る運営者



1: 海江田三郎 ★ 2017/03/06(月) 22:30:10.19 ID:CAP_USER
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/030300120/030300002/
no title



 圧倒的な情報の非対称性を利用した「おとり商法」が世の中に蔓延している。特集の第1弾として、 ネット上の一部で最近話題になっているサッカーくじ「BIG」を取り上げる。

 2月15日、ツイッターにある画像がアップされ、大きな波紋を呼んだ。つぶやきの主は2月12日、
ネット上で5口分のBIGを購入。翌13日、新たに10口分を購入したところ、この10口分のうち最初の5口分が、前日に購入した5口分と完全に一致したのだ。

 BIGの当選確率は約480万分の1。それに対し、別々に購入した5口分が完全に一致する確率は約25「溝」分の1だ。

「溝(こう)」とは 兆(ちょう)、京(けい)、垓(がい)、杼(じょ)、穣(じょう)の次の単位で、10の32乗を示す単位。25の後ろに0が32個並ぶ天文学的な 確率と言える。読みにくいのを承知の上で表示すると、「2,500,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000分の1」となる。 

 ちなみに宇宙誕生の初期プロセスであるビッグバンが起こる確率は、0が24個並ぶ約1杼分の1と言われており、 理論上、宇宙誕生よりも稀な現象が我が国ニッポンで起きたことになる。


世の中にはサッカーに詳しくない人もいる。それでもサッカーくじを気軽に楽しみたいという人向けに、機械がランダムに 選んだ毎節14試合分の組み合わせを購入する。それがBIGだ。厳密に言うと、購入後に組み合わせが決まるため、 内容が気に入らないからといってキャンセルはできない。

では、なぜランダムに組み合わせを抽出しているはずのBIGで、宇宙誕生よりも稀な現象が起きたのか。
BIGを運営する日本スポーツ振興センターに聞いてみた。


ツイッターで話題になっているくじは画像の加工とかではなく、実際に発売されたもので間違いないのでしょうか。

 「はい。実際に発売されたものだということで間違いありません。事実関係を確認しました」
ランダム出現で別々に購入した5口分が完全に一致するのは到底ありえない現象です。
 「かなり出るのが珍しいケースだとは認識しています。ですが、ランダムに発現する仕組みでも14試合分の組み合わせが重複することはありえること。ありえなくはない、可能性はゼロではないということです」
理論上、ビッグバンが起こるよりも低い現象です。何らかの不正やシステムの不具合があったと考える方が自然ではないでしょうか。 

 「システムにいつもと違う、変わった動きがあったわけではありません。それもこちらで確認しました。外部からシステムに侵入した形跡、不正な操作の形跡も見つかりませんでした。発番の仕組みを調整している中でこうした出目になる可能性はあります」

システム不具合の可能性は検証しましたか。
 「開催回ごとに1と2と0の出現率に偏りがあるかどうかは常にチェックしています。全体の中での偏りという意味ですが、今回も特段の問題は見つかりませんでした。だから不具合はなかったと考えています」

現状のシステムを全く変えずに今後もくじの発行を続けるということですか。
 「はい、そのつもりです。システムを変える必要はないと考えています」

「日本ユニシスとアビームは取材を拒否」
あくまで偶然起きた現象で、システムを変える必要はないと主張する日本スポーツ振興センター。ただ、振興センターはBIGの運営元に過ぎない。
 そこで、2006年のBIG発売開始以降、実際にランダムにくじを選ぶシステムを開発・運用してきた 日本ユニシスにも取材を申し込んだ。システム担当者への取材を依頼したが、結果は「NG」だった。
 日本ユニシス広報担当者から返ってきたのは「委託元である日本スポーツ振興センターとの間に
秘密保持契約があるため、こちらからはシステムについては一切話せない」という回答だった。

(続きはサイトで)

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1488807010/




amazon
     
 
 
最新記事
 
 
 
 
天気予報

-天気予報コム-
検索フォーム
RSS・SNS・QR
  •  
  • にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ビジネス)へ
QR
為替レート
パーツ提供:FX比較のALL外為比較
アンテナサイト様
相互サイト様
おすすめサイト
人気記事
投票
アンケート
Face book
他サイト様新着記事
はてなブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ページ先頭へ HOME