FC2ブログ

当ブログについて

WMS

管理人:WMS
政治・経済・金融を中心した2chまとめサイトです。

相互RSS・リンク歓迎です。 依頼フォームよりご連絡ください。


このサイトの全記事一覧

最新記事
最新コメント
ページ内人気記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
アクセスカウンター
他サイト様人気記事
 
 

【為替】7日に起きたポンド相場の急落、日本犯人説が急浮上 取引関係者「誤注文といえば日本」



ph20161009_01.png

1: 海江田三郎 ★ 2016/10/08(土) 09:15:08.33 ID:CAP_USER

7日にGDP/USD(ポンド/ドル相場)が一時、1985年3月以来、実に31年来の最安値の水準まで急落を起こしたのは、アジアのディーラーが誤注文を行った可能性が強いことが明らかとなった。 

市場関係者によると、7日に起きたポンド急落の最初の原因を作ったのは、東京市場でいわゆる「Fat Finger」(指が太いと間違ったキーを押してしまうことがあるためキーの押し間違いによる誤注文をファットフィンガーと呼んでいる)と呼ばれている誤注文が入ってきたことによるものと見られており、この誤注文により相場が急落したことを受けて、コンピューターアルゴリズムによる自動取引システムが一斉に、ファットフィンガーに追随する形でポンド売りの注文を入れたことが、ポンド相場を下落幅を更に一層、激しいものにした可能性が指摘されている。 

ファットフィンガーによる誤注文は、他の市場に比べて日本で特に多いのが特徴ともなっており、取引関係者の間では、誤注文といえば日本を連想する向きも広がっている。

市場では、Brexit(イギリスのEU離脱決定)の影響により、ポンド安の状況が続いていたこともあり、7日に起きたポンド相場の急落は、「いよいよポンドが崩壊を起こした」とする見方を誘った結果、イギリス国内企業の株価に対する売り圧力ともなって表れていた。

イギリス当局は、7日に起きたポンド相場の急落は、金融制度安定に対する脅威と受け止め、既にBIS(国際決済銀行)に対して調査を申請した模様ともなる。

http://business.newsln.jp/news/201610072314160000.html 

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1475885708/




amazon
     

資金10万からFX始めて2年以内に法人化目指す



ph20160919_04.png

1: 名無しさん@おーぷん 2016/09/17(土)20:27:29 ID:cSG
10月から本気出す
目標金額 2017年9月末に口座残高100万円

引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1474111649/




amazon
     

ベストセラー『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』の著者、FXで5000万円溶かす



ph20160902_03

1: 海江田三郎 ★ 2016/09/01(木) 19:03:22.26 ID:CAP_USER

’05年の発売以来、累計164万部を突破し、今なお売れ続けるベストセラー『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』。
その著者である公認会計士・税理士の山田真哉氏は、株やFXなどの投資家としての顔も持っている。

だが一方で、その膨大な額の印税をFXにつぎ込み、溶かしてしまったという破天荒な投資体験をしたことも。

 最近では、そういった自身の経験も交えながら、お金や経済、投資についてわかりやすく解説するラジオ番組『浅野真澄×山田真哉の週刊マネーランド』が人気を集める山田氏に、過去の投資失敗談や現在の投資ライフについて聞いた。

――山田さんは『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』などのベストセラー作家としても知られていますが、実は投資家としても有名なんですよね。特にFXに関しては、過去にかなり痛い目に遭ったことがあるとか……。

 山田:そうですね。ちょうどFXを始めた頃に『さおだけ屋~』の印税が入ってきたので、当時は余剰資金を結構たくさん持っていたんですよ。でも、そのとき稼いだ印税は、結構ざっくり持っていかれてしまいましたね……。
  
――最終的にいくら負けたんですか?

 山田:5000万円です。

 ――すごい大金ですね! FXはいつから始めたんですか?

 山田:’06年ぐらいに、知り合いの作家さんが「今、FXをやってるんだけどすごく儲かるんだよね」と言われて。

 試しに100万円くらい入れてみたら、あっという間に3倍くらいに膨れ上がったんですよ。それを見て「世の中、チョロいな」と思って(笑)。

 そこで、現金をどんどん入れていって、気がついたら本で得た印税の2000万円くらい投資してました。トータルで数千万円ほど儲かっていたので、最終的な証拠金は5000万円ほどでしたねレバレッジ100倍で50億円を動かした

――ちなみに、レバレッジはどのくらいかけていたんですか?

 山田:’10年の規制が入る前だったので、レバレッジ100倍でやっていました。証拠金5000万円にレバレッジ100倍だから、当時は50億円くらいのお金を動かしていたわけです。

――恐ろしい額ですね。大金を扱うことに恐怖心はありませんでしたか?
山田:それよりは幸福感のほうが強かったです。だって、50億円くらい持っていると、スワップ金利が1日10万円ぐらい入ってくるんですよ。

 1日10万円なにもしないで入ってくるなんて、まるで夢のようじゃないですか!

 ――途中までは絶好調だったわけですが、’07年7月にサブプライムローンの影響で、それまで円安傾向だった市場が一気に円高に傾いてしまうという。

山田:そうなんです。ちょっと前から雲行きは怪しいな……とは思っていたんですが、もう気づいたときには手遅れで、5000万円は全部パー。強制ロスカットされてました。せめて、自己資金の2000万円は抜いておけばよかったんですが、それもせず。

 今思えば、「どうせ本業以外で稼いだお金だから」という気の緩みもあったかもしれません。要はあぶく銭ですから。

――何か打つ手はなかったんですか。

 山田:これはFXにおいての最大の敗因だと思うんですが、僕は本当に売るのが苦手な人間なんですよ。

 「怪しいな」と思った時点で、売って、早めに諦めておけばよかったんですけど。どうしても、それができなかったんです。

――5000万円を一気に失ってしまった、当時の心境はいかがでしたか。

 山田:とても平静ではいられなかったです。茫然自失ですよ。世の中には災害とか事故とか自分ではどうにもならないことがありますが、投資で負けるっていうのはまた別のショックが大きいです。たとえば、僕は学生時代に阪神淡路大震災で自宅が全壊しているんですが、そのときはまだ「よし、これから頑張ろう」と前向きな気持ちになれたんですよ。でも、サブプライムローン問題でFXの資産5000万円を失ったときは、もうどうしようもなくて、ただただ立ち尽くすのみでしたね。

――もう忘れたい過去ですよね。

 山田:いや、あまりにショック過ぎて、「なぜ失敗したのか」「いま自分がどれだけ悲しんでいるか」といった当時の経緯やその心境を何十枚という原稿に書き残していて、いまだに僕のパソコンに入ってますよ。この経験をいつか本に書いて、失った5000万円の元をとってやろうと思っていますけどね。

http://hbol.jp/106296 

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1472724202/




amazon
     

新生銀がFXに参入 楽天証券と連携  2ch「組む相手がひどすぎる」「ダメ人間同士が結婚してもっとダメになるの図」



ph20160808_01.png

1: 海江田三郎 ★ 2016/08/07(日) 19:17:46.40 ID:CAP_USER

 新生銀行は楽天証券と連携して外国為替証拠金取引(FX)サービスに参入する。
大手銀のFX参入は初で、22日からサービスを始める。楽天証券のFXの運用システムを利用し、収益を両社で分け合う。日銀のマイナス金利政策を背景に預金などの利回りは低迷している。高リスクでも多額の利回りが期待できるFXの需要が高まるとみて、顧客開拓に乗り出す。

 FXは、業者に預けた証拠金の数倍から数十倍の外貨を売買できる取引。…

引用元:http://www.nikkei.com/article/DGXLZO05775040W6A800C1NN1000/
引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1470565066/



amazon
     

【為替】数年内に1ドル75円台も アベノミクス前の水準に逆戻りの可能性 2ch「」



ph031.jpg

 

1: 海江田三郎 ★ 2016/07/31(日) 15:45:45.43 ID:CAP_USER

過去のトレンド変換点を注視すれば、今後、大きく円高方向に動くことが見えてくる。その結果、アベノミクス前の水準にまで到達するという読みも……

「為替レートを決めるのは、アメリカ側の事情が大きい。そのアメリカの意向とは何かというと、ドル高円安を調整したがっている可能性が濃厚です。そのため、今後も円高トレンドが続くのでしょうね」
  
 そう読み解くのは、シティバンクで米ドル/円のチーフディーラーを務めた西原宏一氏。今も第一線でトレードする為替のプロだ。

 「大きな転換点となったのは2月に上海で開催されたG20。それまでアメリカは『勢いの衰えてきた中国に代わり、日本が世界経済の牽引役を担ってほしい』と円安ドル高を許容してきました。しかし、アベノミクスは金融政策頼みで二の矢、三の矢が一向に飛んでこない。一方、ドル高に対して米国内から批判の声も高まってきた」

 まっただ中にある大統領選挙を見ると、お騒がせ男のトランプばかりでなくヒラリー・クリントンも日本の通貨政策を批判するなど、「ドル高是正を」という声が高まっている。

 そこでアメリカはドル高の調整、つまりドル安へと誘導させる『上海合意』をG20で交わしたとの観測が高まっています。

上海合意が実際にあったかどうかはそのうち明らかになるでしょうが、その後の動きを見ると、ドル安誘導的な発言が目立ちますし、実際に対円を中心にドル安が進んでいるのが何よりの証拠でしょう」

 しかし、アメリカは昨年12月に政策金利を引き上げ、ゼロ金利から脱して、今夏の追加利上げの可能性も高まっている。
ドル安誘導と利上げ。矛盾する動きのようにも思えるが……。

その疑問に対し、「では、過去のデータを見てみましょう」と、切り出すのはエモリキャピタルマネジメントの江守哲氏だ。

 昨年末から円高トレンドへの転換をいち早く予想し、見事に的中させた人物である。
「その予想を立てるうえでの根拠のひとつにしたのが、『過去にアメリカが利上げした後、為替レートがどう動いたのか』というデータなんです。

 過去3回の米利上げ後の値動きを見ると、いずれも円高が進んでいます。為替市場は先々を織り込んでいくため、利上げのウワサが流れるとドルが買われ、実際に利上げすると売られやすくなるためです。

直近では’04年6月の利上げ前後で13円23銭の円高が進みましたし、過去3回の利上げ後の円高幅を平均すると23円56銭にもなります」

  アメリカが利上げに踏み切ったのは昨年12月16日だ。その際には1ドル121円台だったが、そこから23円56銭下がるとすれば97円台という数字が出てくる。

「もうひとつ注目したいデータがあります。過去のトレンドのデータです。1976年に変動相場制に移行してから、面白いことに円安トレンドの期間がいずれも、ほぼ3年なんです(図①)。今回のアベノミクス円安が始まったのは’12年。

 すでに3年が経過しましたので、もう円安トレンドは終わったと見ていいでしょう」

 では、過去の円高トレンド時の相場動向をデータで振り返ってみよう。
「大きな円高局面は過去6度あります(図②)。その平均期間は43か月、下落率の平均は40%です。今回の円安高値は125円でしたから、そこから40%下げるとすると75円。これはアベノミクス開始前後の水準です」(江守氏

  75円とは遠い水準にも思えるが「アベノミクスの終焉」ならば、妥当な水準なのか……。西原氏も「100円割れは覚悟する必要がある」と予測する。
「75円は遠いかもしれないですが、125円から15%の調整は5月につけた105円ミドルとほぼ一致します。

 ですが、アメリカが本気でドル高を調整させたいのなら、高値から20%は落ちると見ていいでしょう。

 125円から20%の調整ならちょうど100円。為替市場は往々にしてオーバーシュートしますから、100円割れも十分にある。

 95円程度までの円高は念頭に置いたほうがいい。さらにトランプ大統領実現なんてことになれば、さらにオーバーシュートする可能性だってあります(図③)」(西原氏)
円高か円安かなんて話ではなく、識者の見方は「円高トレンドへ転換済み」で一致。しかも100円割れが濃厚となれば、

 アベノミクス時代の投資戦略は通用しない。円高時代に備えた投資戦略をどう構築するか、熟慮すべし!


引用元:http://hbol.jp/102280
引用元: http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1469947545



amazon
     
 
 
最新記事
 
 
 
 
天気予報

-天気予報コム-
検索フォーム
RSS・SNS・QR
  •  
  • にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ビジネス)へ
QR
為替レート
パーツ提供:FX比較のALL外為比較
アンテナサイト様
相互サイト様
おすすめサイト
人気記事
投票
アンケート
Face book
他サイト様新着記事
はてなブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ページ先頭へ HOME