FC2ブログ

当ブログについて

WMS

管理人:WMS
政治・経済・金融を中心した2chまとめサイトです。

相互RSS・リンク歓迎です。 依頼フォームよりご連絡ください。


このサイトの全記事一覧

最新記事
最新コメント
ページ内人気記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
アクセスカウンター
他サイト様人気記事
 
 

移民300万人受け入れで経済効果20兆円の試算



ph20160824_04.jpg 
ブラジル移民が多く住む、群馬県大泉町のスーパーマーケット

1: 海江田三郎 ★ 2016/08/23(火) 13:58:27.97 ID:CAP_USER

日本国に移民の明確な定義が存在しない

 いまだ国民を二分する議題となっている移民受け入れの是非。移民解禁によるビジネスチャンスというところに落とし込めれば、前向きな議論もできそうだが……。
 
国連の定義では移民の定義について、「出生あるいは市民権のある国の外に12か月以上いる人」としている。この中には難民、難民(亡命)庇護申請者、外国人留学生およびその他の長期滞在者に加え、正式の入国手続きをしていない外国人、合法的な移民、帰化した市民なども含む。日本においては、ある程度長期にわたって定住する外国人を指すほかに明確な定義はなく、自民党内の議論でも「帰国を前提としない長期の労働者や、日本人配偶者を持つ永住者」とされている。

 以上を前提とした場合、移民ビジネスはどういったものが考えられるのか? 日本国際交流センター執行理事・毛受敏浩氏に尋ねた。

 「移民のもたらす新たな文化によってダンス、スポーツ、レストランなどのほか、貿易など世界と直接つながる産業が地方でも発展するでしょう。

 またそれを機に異文化に関心を持つ人が飛躍的に増える可能性があります。移民自身のためのビジネスも起こります。
日常生活を支えるもの、日本社会適応を補助するものの2種類です」

移民ビジネスの商機はトラブルシューティングにあり?
 現在新宿区には34万人の外国人が住み、こうしたビジネスは不可欠となっているが、移民が増加すれば日本各地で需要が生じる。

 「後者の代表は日本語学校などの教育ビジネスですが、群馬大学が養成している『多文化共生推進士』が脚光を浴びることも考えられる。生活・労働習慣の違いから生じるトラブルを調停したり、移民と地元民が交流するイベントを企画したりするのが主な業務です」
  
 文化や習慣の違いは移民、日本人双方にとって損失を招きかねない。
顕著な例が、三菱重工が‘11年に受注した大型客船「アイーダ・プリマ」建造現場での一件だ。

 日本人、欧州の技能者、アジア人技能実習生5000人規模で動員された一大プロジェクトだったが、完成が1年遅れ、累計で1800億円以上の特別損失が生じた。三菱重工は顧客からの設計変更の要望が多かったことなどを理由に挙げているが、外国人と日本人の労働習慣の違いが軋轢を生み、工期に影響したという指摘がある。

 一方で、移民が持つ独自の視点は斬新なビジネスや地域の新たな価値の創出に繋がるケースもある。

「北海道のニセコ町が好例です。ここのオーストラリア移民が地元住民が気付いていなかった雪質の高さを海外に発信し続けた結果、 02年には6000人弱だった観光客数が’14年には約15万人に増加しています」

 とはいえ、ヨーロッパの現状を鑑みれば移民がもたらす治安の悪化や国内労働者との競合は無視できない問題に思えるが……。

 「本来移民とはその国に必要な人材を選択的に受け入れるもの。カナダ、オーストラリアでは正規に受け入れた移民の犯罪を心配する声は全くありません。実際、カナダなどが州毎に異なる移民政策を持つのはそれぞれ欲しい人材が異なるため。

現在、秋田県は農業後継者が20%しかいないことが問題になっていますが、農業に適性のある移民だけを徐々に受け入れるなどすれば一般的にイメージされる混乱が生じることはない。慶應大学の後藤純一教授の試算では、移民の経済効果は300万人の移民を受け入れた場合で20兆円に上るともいいます。

世界的有名企業の創始者は皆移民1世、2世であることが示唆するように、異なるバックグラウンドの人材を受け入れること自体が社会にとって飛躍のチャンスです」

  日本社会の現状打破のためにも、移民受け入れ成功に導く具体的な議論が求められるだろう。

http://hbol.jp/105257 

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1471928307/





3: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:01:17.13 ID:STM28mhQ
自称専門家や記事を書いてる人は海外のニュースもまともに見てなさそうだね

4: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:01:20.35 ID:eS1dUr9Q
警察官を3倍に増やして、防犯セキュリティーなどにかかるお金が20兆円

5: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:01:46.29 ID:BCuR1Y2c
20兆円増えなくていいから、移民は要らねーよ
ドイツを見習うんだろ?
見習って移民なんてやめろよ

6: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:01:47.08 ID:0QDOCFF1
>移民300万人

全が全部、朝鮮半島・支那人になりそうだな

7: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:02:03.96 ID:mYAlkNG8
中韓以外ならいいよ。

635: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 17:38:21.75 ID:tqJ+El3M
>>7
移民難民なめんな
イスラム南米東南アジアなめんな

8: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:02:46.70 ID:fpILTRdz
東欧や西アジアからどんどん美人を呼び込むべし

9: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:02:50.31 ID:2vD9Qol6
損失は、60兆円(´・ω・`)/~~

259: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 15:30:32.28 ID:y7mwtne2
(´・ω・`) >>9で終わってた

879: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 20:10:03.33 ID:iFEzPrtP
>>9
これな。

10: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:03:19.65 ID:q7oy51qD
300万人w
売国効果すごそう
完全に都市何個か分の外人コミュニティ形成されますわ

101: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:37:34.02 ID:/7uo6g77
>>10
オウム真理教のサティアンよりも
周辺住民と摩擦が激しくなるだろうな

11: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:04:00.32 ID:BCuR1Y2c
そもそも二分する議論になってねーし
反対派が圧倒的じゃん
憲法改正位拮抗して始めて二分の議論だろ

12: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:04:06.99 ID:kggpTZ0d
移民 日系ブラジル人 中国人研修生 奴隷?

13: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:04:22.99 ID:z/Osd3RH
試算が正確な事など無い年金見れば分かる怖い

14: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:04:57.96 ID:lYj5c1PN
こんな適当ぶっこいてるカスはマジぶっしたくなってくるわ

15: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:05:42.73 ID:2kE1fLJE
移民受け入れて成功してる国ってどこよ。

20: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:08:19.33 ID:fpILTRdz
>>15
アメリカ・カナダ・シンガポール・ドイツ・イギリスなどなど

205: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 15:10:09.81 ID:ZzqBZkvL
>>20
全部ヤバいだろがw

485: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 16:28:06.63 ID:Slcqgx/R
>>20
全部終わってるだろw

16: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:05:50.49 ID:MNUGCov9
100万人以上の朝鮮人が住んでいるし
テレビをつければ外国人ばかりなのに

17: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:05:58.68 ID:tXtW9bs3
>>1
ドイツやフランスやイギリスを見ていると、とてもじゃないですけどこんな話は信じられません。

18: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:06:18.79 ID:STM28mhQ
>農業に適性のある移民だけを徐々に受け入れるなどすれば般的にイメージされる混乱が生じることはない。

政府は介護の道具として東南アジアの人を増やそうとしてることもそうだけど
こういうこと言う人をはじめムシのよく考えすぎ 結局負担やリスクをツケを国民に支払わせるだけだからな
移民も欲望の塊 その場所にずっとい続けるわけないだろ

19: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:07:07.57 ID:g9MR3OZY
家族単位で朝鮮国籍へ移行ですね
>慶應大学の後藤純一教授

21: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:09:51.82 ID:Cv5aqOpC
>>1
犯罪・防犯・外患誘致対策に20兆円超

22: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:10:01.67 ID:CzsJgxpK
経済「損失」も効果のうち、とか言い出すぞ
気をつけろ!!

23: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:10:05.44 ID:8NM53is+
移民一人あたり666万円・・・ねーわww

会社経営者や、世界的な芸術家、世界に通用する研究者など特別な人間限定ならねw

24: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:10:53.99 ID:lwwCm2mr
旅行で来るなら誰でもウェルカムだけど、日本で暮らすなら郷に入れば郷に従えだよ。

25: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:11:12.31 ID:OT9edGfP
300万人って、京都府や広島県の人口より多い。

26: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:11:54.57 ID:s0E/5cxp
介護は日本人労働者がやりたがらないから移民にやってもらうしかない

27: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:12:10.57 ID:8NM53is+
観光客を増やして、客に金を落として貰う方が1万倍現実的

28: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:12:20.51 ID:FdCxvk6o
 すでに在日と言う、戦争難民が居ますが!
 それとも難民にも課税するので20兆円ですか

29: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:12:49.24 ID:E7yYWCwP
たったの20兆で取り返しのつかないことやろうてあほやろ

30: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:12:54.36 ID:wgb14iq/
ただし10年間はナマポ禁止、犯罪者は追放な

31: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:13:30.03 ID:6vqtLgPd
経営者側なら移民欲しいな
安い賃金で働かせられるし高い日本人使う必要もなくなるからね

45: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:22:02.97 ID:s0E/5cxp
>>31
移民がくれば日本人労働者の賃金も下がるよ

32: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:16:17.93 ID:ZJ526PMp
後は野となれ山となれ もしも言葉も覚えず、文化も拒否する移民なら将来おぞましい宗教内戦、国体破壊かもな
在日でも持て余してるんだぞ

33: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:16:42.98 ID:L4P6KyQK
まぁ、手遅れだわ
もっと早く、それこそ30年前とかに移民を入れ始めるべきだった
それなら優秀な人たちが日本に来てくれただろう

苦しくなってから対策しても、後手後手に回るだけだからな

56: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:25:44.12 ID:5xezD8CY
>>33
ほんこれ。
本当は90年頃のイラン人が押し寄せていた時代にもっと大々的に受け入れ開始して
移民受け入れインフラを整備しとくべきだった。
今更やっても落ち目の日本には誰も来ない。今やアジア人実習生が逃げ出すような待遇だし。

34: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:17:38.17 ID:w7/v5dQF
社会保障に40兆円

36: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:18:51.90 ID:2Wkbr1nN
政治が国民にテロしてどうすんだよw

37: 名刺は切らしておりまして 2016/08/23(火) 14:19:43.87 ID:0spWHAEN
移民を入れて死ぬか、入れずに負担増で死ぬかの2択。

関連記事


amazon
     
 
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
最新記事
 
 
 
 
天気予報

-天気予報コム-
検索フォーム
RSS・SNS・QR
  •  
  • にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ビジネス)へ
QR
為替レート
パーツ提供:FX比較のALL外為比較
アンテナサイト様
相互サイト様
おすすめサイト
人気記事
投票
アンケート
Face book
他サイト様新着記事
はてなブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ページ先頭へ HOME