当ブログについて

WMS

管理人:WMS
政治・経済・金融を中心した2chまとめサイトです。

相互RSS・リンク歓迎です。 依頼フォームよりご連絡ください。


このサイトの全記事一覧

最新記事
最新コメント
ページ内人気記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
アクセスカウンター
他サイト様人気記事
 
 

【株式】米国株が大幅安、トランプ相場後最大の下げ幅 トランプ氏の重要政策が議会を通過しない可能性高まる



ph20170322_31.png 

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/22(水) 09:20:37.59 ID:CAP_USER
http://jp.reuters.com/article/instant-view-us-stocks-idJPKBN16S2WK?sp=true
[21日 ロイター] - 21日の米国株式市場は、銀行株を中心に急落。医療保険制度改革(オバマケア)の 見直しに時間がかかっていることから、市場が期待する規制緩和や減税をトランプ大統領が公約通り実現できないのではないかとの懸念が広がっている。

●米政権の政策実行に対する不安の表れ
<アリアンツの首席経済アドバイザー、モハメド・エルエリアン氏>
金融株と製造業株主導での株価の見切り売りは、トランプ政権の成長支援策の発表がすぐに政策実行に結びつくことに 投資家が自信を失ってきていることを示唆している。
金利やドル相場もこうした懸念を共有しているようだ。

●税制改革や規制緩和の後退織り込む
<スチュワート・フランケルの社長、アンドリュー・フランケル氏>
政治が主役で、市場を動かしている。トランプ政権の成長支援策を期待して上昇していたなら、疑問が生じたときにある程度返上するのはやむ得ない。
あちらこちらで小規模な見切り売りが見られ、見切り売りのモメンタムが強まっている。
48時間後には医療保険制度改革(オバマケア)改廃法案の行方が定まる。賭けをするには頃合いではないか。
きょうはライアン下院議長の発言があった。皆、議長の言葉の裏を読み取ろうとしたと思うが、私には、医療保険制度改革についてやや後退したように聞こえた。
市場は、税制改革や規制緩和にどのような後退が見られるかを織り込もうとしている。

●材料出尽くし、議会が要因に
<テミス・トレーディングのマネジングディレクター、マーク・ケプナー氏>
市場はちょうど材料探しの期間にある。株価が高値にあるとき、ささいな要因で相場は動きやすい。原油安も材料になりつつある。
先週の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、連邦準備理事会(FRB)が一部で期待されていたほどタカ派に傾かなかったことも銀行株の重しとなった。
企業決算やFOMC、雇用統計など材料が出尽くしたところで、市場は議会の動きに注目しだした格好だ。
医療保険制度改革(オバマケア)代替案が成立しない場合、政府は税制改革に着手できず、市場が期待していた 改革が棚上げされるとの見方が広がっている。手掛かりなしに、株価がさらに上昇するのは難しい。

●株売り債券買いの資産配分
<ジョーンズトレーディングの首席市場ストラテジスト、マイケル・オルーク氏>
金融株は債券市場の上昇を受けて売られている。債券市場は米連邦公開市場委員会(FOMC)以降、上昇基調にある。
けさから、株式を売って米国債を買うという、ある種の資産配分モデルが始まったようだ。
これが下げのきっかけになった。昨年10月以来、(S&P総合500種指数が)1%下落した日がないということもある。
それに加え、23日には医療保険制度改革(オバマケア)改廃法案(の採決)があり、うまく行かなければ大統領の税制計画がとん挫するのは明らかだ。
そのため市場参加者は、少しディフェンシブになって利益確定を出すにはちょうどいいタイミングだと言っているにすぎない。

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1490142037/






3: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 09:23:33.87 ID:HXKKUXn1
かと言って日本株が上がってるわけでもなし

4: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 09:23:35.68 ID:nK9aT9Qk
落ちないと買場が来ないからな

7: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 09:26:26.48 ID:TcPrQGe0
トランプの化けの皮が剥がれつつあるだけの話。

8: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 09:26:51.37 ID:KfglN0tM
ロックフェラー亡くなったから?

29: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 10:50:42.08 ID:qCDwaAEf
>>8
ポジション整理かもね
相続とかいろいろあるだろうし

11: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 09:28:54.79 ID:Vn8A72Ex
こりゃあ、またゼロ金利に戻るのかね
銀行という産業はもはやオワコン

12: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 09:34:07.53 ID:jPmUhEd+
というか今までが最高値更新で異様なまでに上がってたからね
何処かで下がってないとバブル懸念になるわ

15: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 09:38:52.99 ID:K+GgsMQP
ユダヤの思い通りにならないからイライラしてトランプをたたき始めてるんだろ

16: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 09:39:28.53 ID:S96jhrOf
業績でなく、期待で上げてるだけだからな。もう儲けを利確し始めてるんでそ

19: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 09:45:58.39 ID:35PqkYqh
イエレンとトランプの方針が真逆。
通貨安によってアメリカ製造業回復を望むトランプに対して、
FRB議長イエレンは 金融引き締めの利上げを行なった。

21: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 10:13:39.80 ID:29RtBwmZ
>>19
デタラメ
トランプは通貨安望んでないよ

24: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 10:29:58.46 ID:9c56dza1
>>19
金利を正常化させて金融機関を儲けさせたい思惑で利上げを促してるのはむしろトランプのほう
FRBが利上げを何度も延期したことでイエレンとハト派連中を批判してたのもトランプ

20: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 09:47:56.68 ID:M8TDeYIY
3月中旬以降に米国株の調整局面、5月にかけて下値固め
その後上昇局面に転じるって、最近の株式雑誌に書いてある通りに
なるかな?

23: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 10:28:35.38 ID:zO/8G1F1
去年の英国EU離脱選挙時と同程度の大下落らしいな今日は  
大逆転トランプ大統領誕生!の時もひどかったな 

31: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 10:58:47.91 ID:1Ec2rwPW
>>26 いや色々と無理があるんだよ

□国債
トランプ→赤字国債発行しまくる方針。経済政策のほとんどがこれが元資
議会→これ以上の国債増額はドルの不安定化を招くと反対

□公共事業
トランプ→赤字国債でやりまくる
議会→公共事業には賛成だが赤字国債はお断り

他にも軍備増強やら国境の壁やら
トランプが大風呂敷広げている政策は財源の裏付けが全くない。
経済政策全般が裏付け無しの妄言だって皆が気づき始めているだけ。
減税にしてもね。

共和党議員との距離感も微妙で
国内法に抵触する経済政策は実現不可能なモノが多い。

43: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 11:43:03.21 ID:cDTJSplQ
>>31
>他にも軍備増強やら国境の壁やらトランプが大風呂敷広げている政策は財源の裏付けが全くない。

いやいや、トランプの国防費60兆円ー>66兆円等の財源は
環境保護等の予算削減や対外無償援助の予算削減等
予算総額の増加は見込んでいない。

42: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 11:40:25.42 ID:cDTJSplQ
>>31
>トランプ→赤字国債でやりまくる
>議会→公共事業には賛成だが赤字国債はお断り

ウソを書くなよ。
トランプ案は民間投資に期待。

27: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 10:41:49.34 ID:P0HqS+HC
ロックフェラー死んだししばらく安くなるだろ

28: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 10:44:57.67 ID:UUnd+3+R
なるほど、まだ株は上がるって事ねw
この手のパターンは見飽きたわ

30: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 10:55:23.03 ID:RWIO12be
 
 大統領がFBIに、ロシアの支援を受けて大統領になったとして
 追われているんだからなぁ。
 選挙のネット妨害より、ロシアと選挙スタッフが提携していたとしたら、
 ロシアの作った米大統領じゃん。
 米国の情報当局より正しいソースがあるって、ロシアのことだろ。
 
 終わってない?
 

32: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 11:05:34.72 ID:Xhye+220
日経平均爆下げ中だな

33: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 11:07:48.15 ID:6yloCcot
オバマケアさっさと廃止しないから、という理由で株が下がるのか
なかなか厳しいな

35: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 11:18:48.97 ID:1Ec2rwPW
>>33 今回の爆下げは

FBI長官の

「トランプの選挙期間中のロシア側との接触に違法性があるか防諜面から重点的に捜査している」

の方がでかい。

34: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 11:08:04.74 ID:9c56dza1
法人税減税と財政出動期待先行でダウは上昇してたからこれから先はどうなることやら
トランプ相場でトランプ就任後も日本株買いを煽ってた無責任な経済エコノミスト共は今頃は少々顔を青ざめてるかもな

38: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 11:26:31.49 ID:ldTsjF3C
財源がないから無理でしょ
日本もだけど政策の自由がほとんどないから、誰がやっても一緒
戦争も起こせないし手詰まりでジリ貧の世界経済
すでに資本主義は終わってるのかもな

39: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 11:34:57.59 ID:Pso880S/
利上げした債権類に資金が移動してるだけだろ

47: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 11:52:33.85 ID:mk2z/qdT
いやだって、支持率最低の大統領だし、ロシアのスパイ疑惑もあるし、当然じゃねえの。
おまけに誇大妄想や嘘や妄言多いし、兵役から逃げておいて戦争をあおる最低のクズだしね。
フィクションに出てくる最低の政治家そのもの、ヨブトリューニヒトかよって感じw
ちゃんと兵役やってたヒトラーの方がなんぼかマシだわな。
お前だったらこんな奴を支持するかね。誰だってできないわな。

56: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 12:02:06.75 ID:sEMnk49c
だって今のこの時期4Qの最終決算時期でしょ?
そりゃ大幅に下げに転じるよ。

65: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 12:25:18.37 ID:QtfyxVx9
高値波乱やって しばらくして暴落だろ毎回のこと 

66: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 12:31:35.29 ID:fH/o5UeD
下げたと言ってるけどダウ2万ドルすら切ってない
ここ5年以上、下げ幅より上げ幅の方が大きいから空売りする機会がない

72: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 12:51:37.00 ID:+QBfZONX
株屋が屁理屈並べて無理やり上げたんだから
今度は空売りで大儲けを狙っているんだよ

74: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 13:06:19.48 ID:2JBfV5U8
>>70
東京単独で見ると怖いのは自力上げの株高でないそこなんだよな
アベノミクスの株高じゃなくてトランポノミクスによる株高 
それより以前ってブレグジット影響やらで株価低迷して一時はマイナス金利を拡大させる案とかぶっちゃげ手詰まり感が出てたから
現状楽観してたらヤバいとは思うわ

80: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 17:31:35.55 ID:LyKUzIAZ
もともとトランプに期待してた市場関係者なんていなくて
大統領選後の恒例の上げ潮に便乗して株価が跳ね上がってるだけってことも皆知ってたので

70: 名刺は切らしておりまして 2017/03/22(水) 12:46:56.06 ID:YeSsBnVg
11月以降からの上げはアベノミクスの金融緩和、黒田バズーカ、年金買い支えの上げではなく運よくトランプ相場に乗っかれただけだから
東京市場は単独での自力上げは年金買い支え以外の手段出尽くしで もはや厳しく実態は高値警戒域  
この先もトランプ相場に頼り切って年金が買い支えできなければこれから先は東京はいつ崩れてもおかしくない



関連記事


amazon
     
 
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
最新記事
 
 
 
 
天気予報

-天気予報コム-
検索フォーム
RSS・SNS・QR
  •  
  • にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ビジネス)へ
QR
為替レート
パーツ提供:FX比較のALL外為比較
アンテナサイト様
相互サイト様
おすすめサイト
人気記事
投票
アンケート
Face book
他サイト様新着記事
はてなブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ページ先頭へ HOME