FC2ブログ

当ブログについて

WMS

管理人:WMS
政治・経済・金融を中心した2chまとめサイトです。

相互RSS・リンク歓迎です。 依頼フォームよりご連絡ください。


このサイトの全記事一覧

最新記事
最新コメント
ページ内人気記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
アクセスカウンター
他サイト様人気記事
 
 

【環境】歴史的魚拓。トランプ政権が気候変動に関するデータを削除したことをうけ、科学者たちが昼夜を惜しまずバックアップ作業



ph20170124_33.jpg 

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/23(月) 21:19:03.32 ID:CAP_USER
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yazakiyuichi/20170123-00066895/
1月20日、ドナルド・トランプ氏がアメリカの新大統領に就任するまさにその時、カリフォルニア大学ロサンゼルス校に約60人の プログラマーやデータ・サイエンティストたちが集まりました。

彼らがしたことは、限られた時間の中で、連邦政府のウェブサイトや、掲載されているデータセットのバックアップを取ること。

エネルギー省の太陽光発電イニシアチブに特化したWebページ
化石燃料と再生可能エネルギー源を比較したエネルギー情報管理データセット
国立再生可能エネルギー研究所の燃料電池研究
気候と環境データ
などなど数百のウェブページやデータセットが対象となりました。
この日の実施はシンボリックなイベントですが、この動きはこの日に突然始まった訳ではなく、ここ数週間、カナダのトロント、 フィラデルフィア州、シカゴ州、インディアナポリス州、ミシガン州でボランティア・ベースのイベントが開かれ、 環境保護庁(EPA.gov)、NASA(NASA.gov)、エネルギー省(DOE.gov、現在のenergy.gov)、ホワイトハウス(whitehouse.gov)から 数十万ページをダウンロードし、別なサーバにアップロードする、ということを続けていたとqz.comが伝えています。 

ウェブページは、インターネット・アーカイブ(彼らのファイル・フォーマットがISOとして標準化するなど、 ウェブアーカイブについて中心的な民間の団体)やカナダのPage Freezerというバックアップ・ソリューションの会社のサーバへ。

大規模なデータセットは一部をdatarefuge.orgへ(CKANというオープンソースのデータポータルサイトを利用)。
それぞれバックアップを取ったとのことです。AWSを利用しているサイトはリージョンが不明なのと、全体のうち割合は不明ですが、 ヨーロッパやカナダにあるアメリカ国外のサーバでもデータが保管されています。 

ちょうど日本国内でウェブ・アーカイブを実施している行政機関の中の人から私が先週伺った話によると、インターネット・アーカイブが実施しているような ISO標準のファイルフォーマットでのウェブの収集方法では、ブラウザ上で実行が必要なページについては収集されないとのことで、そういったページやデータ(たとえばWiredの記事では「温室効果ガス排出量のインタラクティブマップ」が紹介されてました)については慎重に個別対応をしていったようです。

こうした動きがはじまっていたところ、実際に、環境保護庁(EPA)の政権移行チームが気候データを省庁の ウェブサイトから削除したことが明らかになり、可及的速やかに寝る間を惜しんでバックアップ作業が続けられた、とのことです。

(中略)
連邦政府サイトの差分(追加や削除などの変化)情報を定期配信
そして、最初の話に戻りますと、新政権の最初の100日間の経過以降は、Data Refuge(「データの避難」 )というサイトが、 連邦政府のウェブサイトをスキャンし、Page Freezer社の仕組みを使って、今回取ったバックアップとの差分を明らかにし、 ニュースレターの形で定期的に公表していく、とのことです。

こういう動きを伝えること自体が、情緒的にトランプ氏が悪であるという印象を持たれるかもしれません。実際には政策の 方向性がどういう効果があったかはまさにデータによって検証されるべきです。現時点では、都合の悪いウェブやデータは トランプ政権がすべて削除するのである、という余談は持たずに、今後の実際の差分検証によって明らかにされていくべきでしょう。

オバマ政権で大きく前進した、オープン・ガバメント、オープン・データなどの取り組みがどう変化していくかについて、注視していきたいと思います。

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1485173943/






2: 名刺は切らしておりまして 2017/01/23(月) 21:20:44.68 ID:Bb4PpXh9
温暖化は作り話

3: 名刺は切らしておりまして 2017/01/23(月) 21:23:23.06 ID:Q6Dhhpbn
トランプは作り髪

5: 名刺は切らしておりまして 2017/01/23(月) 21:28:14.22 ID:Y+aAbpTh
都合の悪い情報は隠したがる
愚かな人間はいつの時代もやることは変わらない

8: 名刺は切らしておりまして 2017/01/23(月) 21:33:28.60 ID:EaAjtllz
アメリカ人は、政策が違うのは我慢するかも知れない、
しかしフェアでない大統領は許さない。

トランプ、怪しくなってきた。

12: 名刺は切らしておりまして 2017/01/23(月) 21:41:14.49 ID:SADYEnCv
なんで気候変動データがトランプ政権に都合が悪いの?

何万年前とかのデータがあると、
髪が世界を作ったという思想と反するから?

15: 名刺は切らしておりまして 2017/01/23(月) 21:46:18.80 ID:S9dlSPO2
米国民はトランプ後に手痛いしっぺ返しを食らうだろうけど、
この調子だと任期中にも身動き取れなくなるかもな

20: 名刺は切らしておりまして 2017/01/23(月) 22:12:11.55 ID:HTRC2il/
温暖化は事実
原因を温室効果ガスとするのが賛否ある

21: 名刺は切らしておりまして 2017/01/23(月) 22:18:41.47 ID:OXnRlxic
×データセットのバックアップ
○コピーに見せかけ都合よく作成

22: 名刺は切らしておりまして 2017/01/23(月) 22:19:27.19 ID:Af9Vos5C
太陽のパワーは衰えて寒冷化しているにもかかわらず、
それを打ち消すほどの勢いで温暖化が進んでいる。

温暖化のエネルギー源はきっとものすごいものだろう。

24: 名刺は切らしておりまして 2017/01/24(火) 00:14:22.68 ID:nZbT7xes
>>2
科学者と頑迷な老人や素人で常にどちらが正しかったか?
歴史を見れば常に科学者だ。
否定派は天動説を信奉してた馬鹿どもと同じw

25: 名刺は切らしておりまして 2017/01/24(火) 01:45:14.45 ID:PZYOE/YD
CO2濃度が1~2%あった中生代のデータもちゃんと追加しておけよな。
恐竜学者が扱う時代のことは知らんとかいって隠蔽するなよ。

36: 名刺は切らしておりまして 2017/01/24(火) 07:05:55.30 ID:GuKXv3v7
科学者といいつつ自分らで元データを持って無いのかよ。

39: 名刺は切らしておりまして 2017/01/24(火) 07:20:11.64 ID:dZ6g6zAl
地球の大気温度に最も影響を与えるのは太陽の活動周期であって
現在は数百年前にあったような寒冷な気候に向かっているんだから
少々温室効果ガスで温めるのも良いんじゃないかと

42: 名刺は切らしておりまして 2017/01/24(火) 08:33:37.76 ID:wvUneC8I
読みにくいな
google翻訳した文章にちょこちょこ手を加えてアップしたのか?

28: 名刺は切らしておりまして 2017/01/24(火) 02:16:44.99 ID:WOHvOMDT
いや、普通に温暖化してるだろ。
CO2との相関もある。因果は要議論。

だけど、温暖詐欺派の学者の持論が詐欺レベルだったなあ。
「地球全凍結時はCO2濃度が高かった(からCO2は関係ない)。」
いや、高くなったから凍結脱出したのがほぼ定説なんだが。

30: 名刺は切らしておりまして 2017/01/24(火) 04:23:02.92 ID:qwuU5ycd
>>28
科学的な話はさておきこのネタで
ビジネスしてる連中が胡散臭すぎなのがね

35: 名刺は切らしておりまして 2017/01/24(火) 06:55:13.90 ID:LsEV0xH3
>>30
まぁ、エコとヘルスは
詐欺師のホームグラウンドですから…




関連記事


amazon
     
 
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
最新記事
 
 
 
 
天気予報

-天気予報コム-
検索フォーム
RSS・SNS・QR
  •  
  • にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ビジネス)へ
QR
為替レート
パーツ提供:FX比較のALL外為比較
アンテナサイト様
相互サイト様
おすすめサイト
人気記事
投票
アンケート
Face book
他サイト様新着記事
はてなブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ページ先頭へ HOME