FC2ブログ

当ブログについて

WMS

管理人:WMS
政治・経済・金融を中心した2chまとめサイトです。

相互RSS・リンク歓迎です。 依頼フォームよりご連絡ください。


このサイトの全記事一覧

最新記事
最新コメント
ページ内人気記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
アクセスカウンター
他サイト様人気記事
 
 

ドイツ「終業後の社員にメールを送るのはNG」、日本での法規制は可能か? 2ch「メールはいいけど電話はやめてくれ」「それよりLINEの方がキツイ」



ph20161217_32.jpg 

1: 海江田三郎 ★ 2016/11/25(金) 14:54:17.59 ID:CAP_USER
https://www.bengo4.com/c_5/n_5377/

長時間労働やサービス残業が問題視される中、ドイツの労働環境をめぐるツイート「ドイツ『仕事は仕事、生活は生活』の理念」が話題になった。
ツイートの内容は、今年5月に公開された映画「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」のドイツに関する部分を紹介したものだ。
映画では、多くの企業で終業後の社員にメールを送らない規則を採用していることや、メルセデス社では、自宅にいる部下にメールができないシステムになっていることを紹介している。

これに対して、ネットでは、「ここまで規制にせにゃいかんのかって思ったけど日本の現状見れば納得」「前に働いていた企業では、長期休暇に毎日メールを送り、安全を確認する悪習があった」など、様々な反応が寄せられていた。

過去にはフランスで、雇用主や従業員が、勤務時間外に電子メールなどのデジタルコミュニケーションを制限する方法について協議し、やり方を定める「つながらない権利」が議論になったこともあった。
日本でも自主的な規制というのはありえる話だが、終業後の従業員に上司が接触したり、返事を求めたりすることを法律で規制することはできるのか。

●「労働基準法の趣旨には合致している」
「日本でも、労務を提供する時間は労働契約で決められています。契約上の時間が終了した後、つまり終業後に仕事に関して接触をしたり、返事を求めたりしても、労働者はそれに応えるべき義務はありません。

労働契約上で緊急時の対応をする事が合意されている場合には、命令に応じるべきと言えますが、その場合にはその時間に見合った賃金の支払いをしなければなりませんし、法定労働時間を超える場合には三六協定の締結や割増賃金の支払いが必要になります」

では、新たに法律で禁止することも妥当と言えるのか。
「本来、終業時間後に業務上の指示等を出すことは例外である以上、法律を改正して、ドイツのように終業時間後の連絡を取ることを禁止することは労働基準法の趣旨に合致するものだと思います。
このような法律が制定された場合、きちんと取り締まりをすることが重要になってきますので、労働基準監督署の役割が重要だと思います。ただ、終業時間後のメールであるかどうかはメール記録等から明らかだと思いますので違反認定は容易だと思います」

ただ、抜け道のようなものが出てくる可能性もあるのではないか。
「この制度はあくまで終業後のものを対象とするものなので、就業時間内とすれば問題はないことになります。現在は、電通事件に代表されるように、会社内で際限なく残業をしてしまっています。まずは、残業時間を減らすことも対策にしなければならないでしょう」

白川弁護士はこのように話していた。

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1480053257/






2: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 14:56:29.52 ID:1vLN6GrC
メールはいいけど電話はやめてくれ

3: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 14:57:39.20 ID:CE75Hdez
送るのはいいが答える義務はないって事にしておけばいい

4: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 15:00:28.72 ID:ucMRR56r
会社のLINEグルチャ強制参加とか死ねと思うわ
全員ブロックしてやりたい

5: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 15:04:26.86 ID:aNc3vVC+
法規制してもだれも守らないだろ

7: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 15:05:16.47 ID:EAo8zL1H
メール全盛で計画性が無くなったなあ。
緊急時は仕方ないけど、
明日でいいだろってことまでメールされたんじゃかなわんよな。

9: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 15:06:37.58 ID:1vLN6GrC
>>7
会社のPCでしか受信しないから
別にどっちでもいい俺みたいなのもいるんだ

10: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 15:08:10.83 ID:Fd+fkSxj
上司「今自宅か?お前の机の下に鍵が落ちていたが自宅のだろ?」

11: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 15:08:16.20 ID:J4zESJVz
代休で平日休んでたら結構連絡来るから
携帯手放せなくて休みなのに気疲れしっぱなしだわ

13: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 15:19:56.55 ID:aNc3vVC+
メール禁止になったら電話鳴りっぱなしの悪寒

14: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 15:25:49.38 ID:gHsKTZu5
会社からの電話は基本出んわ(´・ω・`)

15: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 15:35:28.33 ID:52pAryFs
基本的に24時間電話メール対応してる。
でもすぐにやるとは言ってない。気が向いたらやる。
納期なんかわかるわけ無いじゃん。

16: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 15:39:42.92 ID:UTmCHwg/
固定電話→ケータイ→メール→ラインと
連絡のハードルがどんどん下がって
雇用の24時間化が問題に。中小零細なんか
ひどいらしいね。

17: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 15:40:56.47 ID:7P3B87t+
土日に怨念めいた脅迫メール送ってくるのはやめて欲しいわ。
キチガイと紙一重ですよ。

18: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 15:42:59.18 ID:zgCVhF6e
社用と私用で携帯分けるでしょ
朝の通勤電車に乗って社用携帯に電源をつけ、
夜タイムカード押したら電源を消す。
飲み会やあらかじめ対応するよう言われた時だけ
夜も社用携帯の電源入れる。
夜もメールや電話にビクビクしていたらとてもじゃないが休まらない。

21: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 15:53:09.52 ID:q4eNEXW3
日本だったら私用メールアドレスで仕事続行して
データ管理上かえって問題が起こりそう

23: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 15:54:03.18 ID:1vLN6GrC
>>18
まともな会社だと携帯電話も会社支給、
メールアドレスも会社支給、パソコンも会社支給
社用パソコン以外でのメール受信禁止、パソコンの持ち出しは要申請
ラインなんてもっての外だからな

24: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 15:57:36.10 ID:mntL8ztI
俺は、会社支給携帯は、退社する時に、会社の机の上に置いてくる
用があるなら、家電に電話しろ。 留守録になっているけどな

26: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 15:59:42.52 ID:1vLN6GrC
>>24
ダメだよ
せめて引き出しにしまわないと

25: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 15:58:34.85 ID:yOq7jDTO
首を切るときは西洋式。働くときは日本式。いいとこどりの経団連。

27: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 16:07:11.13 ID:PvXMPAHG
日本では会社によっては終業後の夜でも
休日でも構わずメールだけではなく電話してくるバカな会社もある。
おまけに電話に応対してもその分に対して支払いがない。

30: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 16:11:23.74 ID:mEIz3Zc4
>>3
「労働者側次第」ってのは絶対悪用されるからダメ
送信側を禁止しないと

33: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 16:27:48.85 ID:FfIkieEK
>>1
そんな法律ができるかどうか、取り締まりされるかどうかも労組次第だな。
政治家は基本的に使う側の立場だから、
すすんでそんな法律を作る訳がない。
できたところで適用条件が厳しいか、罰則もないザル法になるだろう。
結局のところ労働者自身が上に圧力をかけることができなければ意味がない。

34: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 16:30:40.41 ID:bFSwaTbj
ブラック社長「読まなきゃいいだろ?」
社畜「(返答しないと怒るくせに……)」

38: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 16:36:44.52 ID:SljLyLWn
社長がひとり早く帰っちゃうからメール良くするw
他の社員にはしない

50: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 19:30:25.23 ID:en3dR+jx
外食産業では休日に突発的な呼び出しは通常w

51: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 19:30:56.32 ID:t+iBebnC
ヨーロッパでは従業時間ではないから、
という理由で客のリクエストも平気で拒否するからな。
客側が賢くない日本では無理。

52: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 19:35:26.37 ID:x79Nrnfg
退職後ですらメールやら電話やら来る
辞めてよかったわ

53: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 19:56:31.48 ID:Px3OThyx
給料は低く、要求レベルは世界最高レベルの日本では無理かな。
有給の概念もうやむやだし。
有給使わせるとか言ってた政策はどうなったんだよ。

54: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 19:57:48.06 ID:+Ve/lbyy
ホントドイツは民度が高いよな。
日本の民度の低さが暮らしにくさに直結している。

55: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 20:32:59.45 ID:T48ln1AA
外国ができて日本ができない理由はないわな
できないのではなく、やりたくないだけ
企業が労働者に甘えてるに過ぎない

60: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 22:23:16.65 ID:txBT86/i
そういうのはやめてほしいが
もっとやめて欲しいのが、海外ではどうだからという比較
しかも都合のいいとこどり

62: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 22:41:47.49 ID:ITMFie/9
>>4
それ、会社の会話が韓国企業に筒抜けだぞ
LINEは韓国会社が経営運営してるって知らない奴が多すぎる

68: 名刺は切らしておりまして 2016/11/26(土) 00:28:04.18 ID:QsjCYSny
しかしドイツ人の半分は仕事を持ち帰り、家でやっている。

どっちかが皆さんはいいですか?サービス残業、家で残業?

70: 名刺は切らしておりまして 2016/11/26(土) 05:38:10.60 ID:MxYaI3wE
子育てママが管理職をしていて
短時間会社にいてすぐに帰ってしまうが部下とのメールやり取りで
フォローするなんてこともあり得るからなあ。

ドイツとは違うんだから柔軟にやれよ。

73: 名刺は切らしておりまして 2016/11/26(土) 07:39:03.00 ID:s0bMt/95
経団連・中小企業
「残業含めて会社とは関係なく
すべて自主的にやっておりますので違法化でも問題ありません」

74: 名刺は切らしておりまして 2016/11/26(土) 07:40:47.39 ID:+mYHRcO+
企業に都合の悪い海外の事例は導入しません
海外のシステムの導入するにしても
企業が有利なように変化させてから導入するだろうな

80: 名刺は切らしておりまして 2016/11/26(土) 18:27:49.48 ID:1Q8xLhpA
上司どころか客から電話かかってきた事あるわ(上司が番号教えた)
風邪ひいて自宅で寝てた時

96: 名刺は切らしておりまして 2016/11/27(日) 17:40:49.31 ID:7eCiXWKd
受信から○時間以内に返信しないと失礼にあたる、みたいな圧力があるからね
俺は24時間だと思ってるけど、人によっては12時間とか6時間とか言ってる
送る方は気にしてないかもしれないけど、みんな何かを過剰に恐れてるよね
ラインの既読無視とかも同じ

97: 名刺は切らしておりまして 2016/11/27(日) 19:27:04.04 ID:LtS3v8qs
労働違反をしたら被害者が一生働かなくてもいいぐらいの賠償金を、
雇用者が払わなければいけない法律を作れよ

36: 名刺は切らしておりまして 2016/11/25(金) 16:35:02.25 ID:WgoMeZx3
そもそも帰宅させてくれなかった



関連記事


amazon
     
 
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

 
最新記事
 
 
 
 
天気予報

-天気予報コム-
検索フォーム
RSS・SNS・QR
  •  
  • にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ビジネス)へ
QR
為替レート
パーツ提供:FX比較のALL外為比較
アンテナサイト様
相互サイト様
おすすめサイト
人気記事
投票
アンケート
Face book
他サイト様新着記事
はてなブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ページ先頭へ HOME