当ブログについて

WMS

管理人:WMS
政治・経済・金融を中心した2chまとめサイトです。

相互RSS・リンク歓迎です。 依頼フォームよりご連絡ください。


このサイトの全記事一覧

最新記事
最新コメント
ページ内人気記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
アクセスカウンター
他サイト様人気記事
 
 

【大法廷】NHK受信契約「合憲」…法相が最高裁に意見書    2ch「命に関わるような重要な情報のためなら、税金でやれば?」「スクランブルかければ即解決する話」



ph20170414_35.png 

1: レッド総帥 ★ 2017/04/12(水) 20:55:33.48 ID:CAP_USER9
 NHKが、受信契約を拒んだ男性に受信料支払いを求めた訴訟の上告審で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は12日、金田法相による意見陳述を許可した。

 法務省は同日、テレビ設置者の受信契約義務を定めた放送法64条1項の規定について「合憲」とする金田法相名の意見書を大法廷に提出した。

 意見書は、公共放送について「天災や有事などの緊急事態に国民に必要な情報を提供する重大な社会的使命を負う」と指摘。テレビ設置者がNHKとの受信契約を強制され、 憲法で保障された「契約の自由」が制限されたとしても、「危機が迫った時に国民の生命や身体、財産を守るという重要な目的を達成するためで、十分な合理性があり憲法に反しない」としている。

 意見書の提出は、国の利害や公共の福祉に重大な影響がある訴訟では、国が当事者でなくても法相が裁判所に意見を述べることができると規定した「法務大臣権限法」に基づくもので、戦後2例目。
最高裁から打診を受けた法相が先月、大法廷に許可を申し立てていた。大法廷は年内にも言い渡す判決で、今回の意見書も参考に、放送法の規定について初の憲法判断を示す見通し。

http://sp.yomiuri.co.jp/national/20170412-OYT1T50137.html

引用元:http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1491998133/




amazon
     

【ビットコイン】NHK「都内でビットコインを導入する動きが広がっています」



ph20170411_37.jpg 

1: 野良ハムスター ★ ©2ch.net 2017/04/11(火) 09:03:55.63 ID:CAP_USER9
都内でビットコインの導入広がる
4月10日 18時41分

外国人旅行者の増加が見込まれる中、海外で普及が進むインターネット上の仮想通貨を支払いの手段として導入する動きが、東京都内でも広がっています。
このうち、大手家電量販店のビックカメラは今月7日から、東京・千代田区と新宿区の2つの店舗で、仮想通貨の1つ、ビットコインを支払いの手段として導入しました。

担当者が店頭の端末に金額を入力し、表示された2次元コードを客がスマートフォンのアプリを起動させて読み取り決済する仕組みです。利用額は1回の支払いにつき最大10万円分です。

ビックカメラ有楽町店の佐藤壮史店長は「日本でも今後、仮想通貨が普及すると考えている。決済方法が増えることで利便性が高まることを期待している」と話していました。

一方、カプセルホテルチェーン「安心お宿」は先月、JR新宿駅近くのホテルでビットコインなど2種類の仮想通貨を導入しました。このホテルは利用客のおよそ3割が外国人で、これまでにビットコインでの決済が3件あり、いずれも外国人が利用したということです。

カナダから訪れた男性は「日本でもビットコインが使えるようになれば、とても便利だ」と話していました。

仮想通貨をめぐっては、今月から実際の通貨と交換する業者が登録制となるなど規制が強化されています。3年後の東京オリンピック・パラリンピックに向けて外国人旅行者の増加が見込まれる中、国内でも導入に向けた動きがさらに広がるかどうか注目されます。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170410/k10010943611000.html

引用元:http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1491869035/




amazon
     

【NHK受信料訴訟】法相「合憲」意見陳述へ 2ch「送り付け商法だろコレ」「スクランブル化すれば解決する話」「裁判所仕事しろよ」



ph20170411_36.png 

1: しじみ ★ 2017/04/11(火) 08:38:45.57 ID:CAP_USER9
 NHKが東京都内の男性に受信料の支払いを求めた訴訟の上告審で、
最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)が、
受信料制度の憲法判断などについて法務省に見解を求めていることが10日、
分かった。金田勝年法相は今週中にも「合憲」とする意見書を提出するとみられる。
「法務大臣権限法」に基づく措置で、国が当事者でない訴訟で意見を述べるのは戦後2例目となる。


 同法は、国の利害や公共の福祉に重大な関係のある訴訟で、
法相は裁判所の許可を得て意見を述べることができると規定。
受信料訴訟は各地で争われ、国民の関心も高く、
最高裁は国の見解も踏まえて慎重に検討する必要があると判断した。


ロイター
http://jp.reuters.com/article/idJP2017041001001796

引用元:http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1491867525/




amazon
     

【不当判決】客が少ないためNHK受信料10台分を払っていた板橋のホテルから全室117台分を毟り取るNHKの強欲な主張を支持 東京地裁 2ch「チューナーの無いディスプレイとWi-Fiで解決」「この判決で、全国のホテルからテレビが消えるなw」



ph20170314_37.png 

1: 経理の智子 ★ ©2ch.net 2017/03/14(火) 08:43:38.40 ID:CAP_USER9
客室にテレビを設置しているのに受信料を支払わないとして、NHKが「板橋センターホテル」(東京・板橋)を相手に起こした訴訟の判決で、東京地裁は13日、受信料約70万円の支払いを命じた。ホテル側は客室の稼働率や顧客の滞在時間を考慮し、支払う受信料は117台中10台分とする合意が成立していると主張したが、小田誉太郎裁判官は「107台の支払いを免除するという合意は成立していない」と指摘した。

判決によると、ホテルは1999年、10台分の受信契約を結び、受信料を支払っていたが、NHKは2015年9月、107台について受信契約を結ぶよう申し込んだ。

ホテルの運営会社は「判決を受け取っていないのでコメントできない」としている。〔共同〕

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO14024480T10C17A3CR8000/

引用元:http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1489448618/




amazon
     

【文春砲】NHK受信料「強欲徴収マニュアル」を入手 2ch「詐欺みたいな手口、悪質すぎる」「ネット契約だと割引あるのにそれも案内しないんだぜ?卑怯だろ」



ph20170302_32.jpg 

1: 幸・災・楽・禍 ★ 2017/03/01(水) 19:39:14.68 ID:CAP_USER9
 週刊文春が2号にわたって追及してきたNHKの受信料詐欺。今回、問題の核心ともいえる内部資料を入手した。その一つは、徴収員が訪問先で参照する、お客様対応の“マニュアル”だ。
それを読むと、受信契約のためなら強引な手段も辞さない、公共放送のイメージとは程遠いNHKの姿が浮き彫りになる。

 例えば冒頭にはこう記されている。

〈少しずつ論点をずらし、クロージング(編集部注・契約締結)をかけられる位置まで相手を動かすイメージで〉

 このマニュアルを研修の際に配られ、覚え込んだという元徴収員が解説する。

(中略)
 NHKに対して、マニュアルを作った経緯を問うと、「子会社が作成したものですが、NHKが指示・監修したものではありません」と回答した。

 元日弁連消費者問題対策委員長の澤藤統一郎氏は「放送事業は特定商取引法(旧・訪問販売法)の適用外」とした上で、次のように語る。

「事業者は消費者に正確な情報と、判断するのに十分な時間を与えなければならず、マニュアルに記載されていたことが事実ならば、NHKは消費者保護の理念に反していることになる。トークで畳みかけて契約を結ばせるなどもっての外です」

 週刊文春3月2日発売号では、別の内部資料の内容も含めて、受信料詐欺の原因を詳報している。

http://bunshun.jp/articles/-/1565


引用元:http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1488364754/




amazon
     
 
 
最新記事
 
 
 
 
天気予報

-天気予報コム-
検索フォーム
RSS・SNS・QR
  •  
  • にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ビジネス)へ
QR
為替レート
パーツ提供:FX比較のALL外為比較
アンテナサイト様
相互サイト様
おすすめサイト
人気記事
投票
アンケート
Face book
他サイト様新着記事
はてなブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ページ先頭へ HOME