当ブログについて

管理人:WMS
政治・経済・金融を中心した2chまとめサイトです。

相互RSS・リンク歓迎です。 依頼フォームよりご連絡ください。


このサイトの全記事一覧

最新記事
最新コメント
ページ内人気記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
アクセスカウンター
他サイト様人気記事
 
 

【話題】氾濫する偽ニュースの中で「本当の事実」を伝える報道機関10選…1. ニューヨーク・タイムズ



ph20170220_32.jpg 

1: ひろし ★ ©2ch.net 2017/02/19(日) 22:34:32.30 ID:CAP_USER9
Forbes JAPAN / 2017年2月18日 19時0分

作り話や偽ニュースがインターネット上に氾濫し、新政権が独自の「代替的な」または「もう一つの」事実をしつこく売り込もうとする新たな時代に、「本当の」真実・事実を知ることができる可能性が最も高いのは、どのメディアなのだろうか。

今年1月に行われたゴールデングローブ賞の授賞式で女優のメリル・ストリープがジャーナリズムを擁護し、ドナルド・トランプを批判するスピーチをして以来、ジャーナリストの権利を守る国際非営利団体「ジャーナリスト保護委員会(CPJ)」への寄付は増加。

また、米コロンビア大学ジャー ナリズム大学院が発行する「コロンビア・ジャーナリズム・レビュー」などによると、トランプが大統領選で勝利して以降、ニューヨーク・タイムズその他の新聞の販売部数が大幅に増加している。

これらは、何百万もの人たちが「何を読めばいいのか」「どの新聞や雑誌を購読すればいいのか」と悩んでいることの表れだろう。そのことを知り、筆者は大手報道機関のうち最も真実と事実を伝えていると考えられる10のメディアを選び、紹介することにした。

1. ニューヨーク・タイムズ(NYT)

筆者の考えでは、米国で最も影響力のある新聞だ。社説に加え、一部の記事は左寄りで、世界中の問題に関して進歩主義的な見方を示している。だが、米国の報道に関する倫理基準に準拠している。

2. ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

発行部数は米国内で最多。元々は経済紙だが、米国では他社に先駆け、新たなタイプの特集記事を展開してきた。社説は自由市場と保守主義のより所とされている。

3. ワシントン・ポスト

1970年代初め、ウォーターゲート・スキャンダルに関する調査報道によってリチャード・ニクソン大統領を辞任に追い込んだ同紙の伝統は、現在の社主であるアマゾン創業者ジェフ・ベゾスの下でも受け継がれている。ピューリッツァー賞の受賞や最も優秀なジャーナリストの獲得、スクープ記事の報道などで数十年間にわたり、NYT、WSJと共に米三大紙の一角を成してきた。

4. BBC

BBCは優れたテレビジャーナリズム、ラジオジャーナリズムの世界標準を示す存在だ。米国のケーブルニュース局も、BBCの基準に従うことができればと思う。公共放送サービス(PBS)は素晴らしいニュース番組も制作しているが、BBCに比べると創造力に欠けるようだ。

5. エコノミスト

英国の政治経済誌である同誌は、優秀なエコノミストとジャーナリストを擁し、世界中の出来事に関する厳密に事実に基づく記事の執筆と編集で知られる。

6. ニューヨーカー

政治や文化、ビジネス、その他のトピックに関する事実に基づいた長文記事が特徴の週刊誌。執筆から事実確認、掲載までに数か月かかる記事もある。だが、その分ほかの媒体では見られない深く掘り下げた記事と分析を提供している。NYTと同様、世界中の問題に関して進歩主義的な視点を持つ。

7. 通信社(AP通信、ロイター、ブルームバーグニュースなど)

これら各社の報道は事実に基づいていると信用することができる。政治や経済に関するニュースと情報の流れの骨格となるものを提供している。そして、これらの通信社から情報を得る各報道機関は、その恩恵を受けている。各社はソーシャルメディアでも情報を提供しており、関心がある問題を追っている特定の記者をフォローすることもできる。

全文はソースで
http://news.infoseek.co.jp/article/forbesjapan_15224/

引用元:http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1487511272/




amazon
     

【若者と新聞の今】好調の日経電子版、有料会員50万人に 20代読者がけん引



ph20170109_42.jpg 

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/07(土) 23:21:52.63 ID:CAP_USER
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK20H2B_X00C17A1SH1000/

「日本経済新聞 電子版」の有料会員数が国内の有料報道サイトで初めて50万人を超えた。
2010年3月の創刊から6年10カ月。20代を中心とする若者層の読者が急速に増え、成長をけん引している。

 世界の新聞社の有料報道サイトでは米ニューヨーク・タイムズの155万人(昨年9月時点)がトップで、 2位は米ウォール・ストリート・ジャーナルの96万人(同)。3位は日経グループの英フィナンシャル・タイムズの64万人で、日経電子版はそれに次ぐ規模だ。

 16年に日経電子版の有料会員になった人は20代が4万人超と最も多く、34%を占めた。
その比率は創刊当初から倍増している。新社会人のほか、就活生が企業情報の収集の手段として有料会員になるケースが増えている。

(以下略)

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1483798912/




amazon
     

非正規独身中年女性たちの深刻な実態



ph20161109_08.png

1: 海江田三郎 ★ 2016/11/08(火) 10:02:04.86 ID:CAP_USER
http://www.asahi.com/articles/ASJC13R1NJC1UTIL00X.html

 正規職に就けず、頼れる人もいない――。生活が苦しく将来に不安を抱える「非正規シングル中年女性」は少なくありません。しかし「結婚して養ってもらえばいい」「自己責任」などとみなされがちで、実態調査もほとんどなく「見えない」存在とされてきました。当事者や問題意識を持つ人に話を聞き、芽生え始めた支援の取り組みを取材しました。

 議論の広場「フォーラム」ページはこちら

大阪府の女性(37)は、2年前から鉄道会社の契約社員。求人票には、契約更新のときに
昇給の可能性があると書かれていましたが、実際に上がるのは府の最低賃金が上がったときのみ。

 今の時給は最低賃金の883円で、月収9万~12万円です。再雇用で働く父(67)、
専業主婦の母(63)、アルバイトの弟(36)と暮らしています。父の再雇用期間が終われば、親の収入は年金だけ。「今度は私が支えていかないと。でも、今のままじゃできない」

同期の契約社員は、20代の独身女性と30代後半の既婚女性。「まだ先のある若者」と
「夫の給料がある妻」と思うと、同じ境遇だとは感じられないといいます。契約満期まであと約2年半。

 「40歳までに結婚して、子どもができるまで仕事を続けたい」と考えています。
 兵庫県の女性(43)は高齢者施設の正規職員だったときに体を痛めて転職せざるを得ず、障害者施設の契約社員などを経験しました。「就活と婚活と妊活とスキルアップを同時にしなければならないかと思うと、回し車を走るハムスターのよう」と振り返ります。その後、療養しながら国家資格を取り、福祉団体の正規職員になりました。「支援を求めて団体を訪れる人に『強くなれ』『たくましくなれ』とは言えない。弱さにも意味があると伝えたい」

「今が人生の中で一番つらい」。福岡市の女性(52)は20代後半から非正規職を転々としています。

 30代までは事務職の求人が多くありましたが、40代になると新しいパソコン技術に対応できず、職が限られるようになりました。

 今は電話営業のアルバイトをして約1年半。更年期障害で体調を崩し、仕事を休んでいます。
最近は医療費を出す余裕がなく、受診していません。月収約10万円で、家賃月4万円のマンションに一人暮らし。

 携帯電話は通信料を捻出できず、持ったことがありません。

行政窓口に生活保護の相談に行きたくても、身内に連絡が行って迷惑がかかるのではないかと心配で、頼れないと感じます。同じバイトの既婚女性から「結婚したらいいのに」「これから結婚できるかもよ」と何度も言われました。
(中略)
最近、賃貸物件の入居審査に初めて落ちました。69歳になる自営業の父は今も現役ですが、
保証人となるには高齢すぎると判断されたようです。収入が不安定な独身中年女性で父親が高齢となると、部屋を借りることもままならない。別の物件に引っ越せましたが、家賃と管理費に加え、家賃保証会社に月7千円払うことに。

 社会的信用がないことで生じる「貧困税」「不安定税」のようなものと感じます。
非正規で貧困状態にある未婚の女性はじわじわ増えてきていたのに、「いずれ結婚して家庭に吸収されるだろう」と、政治は真剣に向き合ってこなかった。対策が遅れに遅れ、かなり取り返しのつかない事態になっていると思います。

「若者」は政策の対象になりますが、35歳や40歳を過ぎて非正規、独身だと「えたいのしれない浮遊した中年」のようにとらえられ、自己責任だと責められる。これは非正規の中年男性も同じですが、女性は「出産可能年齢」を過ぎると社会の「お荷物」感が一層増し、婚活市場でも残酷なほど「価値」が暴落します。
  
未婚率も非正規率も上がっているのに、女性が一人でも無理なく生きていくモデルは全く確立されていない。

 「中年女性」でイメージされるのは、夫と子どもがいて、パートで働く女性たち。そうではない女性たちに対し、「家庭を築くより趣味を優先させた独身貴族」というような偏見があると感じます。当事者の女性たちが声を上げないのは、そうした偏見や自己責任論に傷つけられることが経験上わかっているからでしょう。
(続きはサイトで)

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1478566924/




amazon
     

【業績】フジテレビ、視聴率低迷でも営業益2.7倍と絶好調



ph20161107_02.png

1: 海江田三郎 ★ 2016/11/06(日) 13:02:24.73 ID:CAP_USER
http://www.toushin-1.jp/articles/-/2257

営業利益+171%増の好業績
フジテレビを傘下に抱えるフジ・メディア・ホールディングスの業績が好調です。
2016年10月31日に発表した決算によると、Q2(4-9月期)累計の売上高は対前年同期比+5%増、営業利益は同+171%増、経常利益は同+117%増となりました。営業利益額は133億円で水準としても悪くない数値です。

 この秋に発表が続く上場企業決算は、厳しい決算が続いています。そんな中で同社の業績の水準と変化率は誇れるべき実績と言えそうです。

フジテレビの視聴率は苦戦
「フジテレビは視聴率で苦戦していなかったか?」、そうお考えの方も多いでしょう。
たしかに視聴率は苦戦をしており、かつての勢いはなくなりました。

 全日の視聴率は5.7%で対前年同期比▲0.5ポイント低下、ゴールデンでは7.8%で同▲1.2ポイント低下、プライムでは7.8%で同▲1.2ポイント低下となっており苦戦しています(2016年4月4日~10月2日のデータ)。
NHKを含めて、いずれも5位と低迷しています。

ではなぜ大幅増益が達成できているのか、確認してみましょう。
フジ・メディア・ホールディングスは不動産会社!?

さて2016年4-9月期の営業利益は前年同期比+84億円増加し133億円になりました。
このうち、放送事業は同+31億円増益していますので、視聴率苦戦のなか大健闘していることがわかります。

放送収入は大変厳しい状況でしたが、原価の抑制を強力に進めたことと、放送事業ではない催物事業(トーテム、お台場みんなの夢大陸2016など)を伸ばしたことが奏功しました。
(以下略)

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1478404944/




amazon
     

【社会】朝日新聞「3年で500億円減収」の衝撃



ph20161015_07.png

1: フラッシュボーイ ★ 2016/10/14(金) 21:24:33.88 ID:CAP_USER9
日本の“クォリティ・ペーパー”といわれてきた朝日新聞が、相次いだ不祥事などによる部数減に苦しんでいる。 
 
今回、本誌はその苦しい台所事情の一端を示す社外秘文書を独自に入手した。そこには朝日新聞のみならず、まさに今進んでいるメディア大激変の苛烈な現実が示されていた。

「会社が待遇カットを迫ってくることは覚悟していましたが、ここまで経営状態が悪いと知らされると、さすがに言葉を失いました。これはもう“脅し”ですよ」

 40代の現役社員は、管理職から「ある文書」を示されたときの衝撃をこう振り返る。

「ある文書」とは今夏、朝日新聞の各部署や支局で管理職から社員に配布された
〈経営説明会の要点(全社員に知っていただきたいこと)〉と題された1枚のペーパーである。

 欄外には〈職場会議(部会・室会・センター会など)説明用資料〉と書かれており、〈社外秘〉の文字も刻まれている。

 文書は冒頭から朝日新聞の今期の「売上高の急落」を強調して始まる。

〈4~6月期は前年同期比▼36億円(月平均▼12億円)の落ち込み〉

 そう書いた上で、この数字が意味するところをわざわざ下線付きで次のように書き添えている。

〈※社員1人あたり毎月▼20万円超に相当……営業日ごとに▼1万円〉

 社員に対し「あなたの責任でもある」と突きつけているようにも読める。

 続いて、2013年度に3135億円あった売上高が2015年度には2748億円へと387億円(12%)落ち込んだことに言及している。
3000億円を割り込むのは1985年度以来30年ぶりという事態だが、ここまでは有価証券報告書などの公表資料でも確認できる数字だ。

 しかし、その文書で続けて記された文言にはさらに驚かされる。今期は売上高の落ち込み幅が広がり、
〈13年度→16年度では、▼500億円超のおそれ〉があるとしているのだ。

 しかも、その落ち込み幅が、〈年間の給与・賞与総額に相当〉と意義づけをするだけでなく、
〈※社員1人あたり▼1200万円程度に相当〉と下線付きで強調する念の入れようだった。

 この減収には、朝日新聞の部数の急速な減少が背景にあると考えられる。
2012年度には762万部あった朝刊の発行部数が、いまや670万部(2015年度)と3年間であっという間に92万部も減ってしまったのだ。

http://www.news-postseven.com/archives/20161014_456912.html 

引用元:http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1476447873/




amazon
     
 
 
最新記事
 
 
 
 
天気予報

-天気予報コム-
検索フォーム
RSS・SNS・QR
  •  
  • にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ビジネス)へ
QR
為替レート
パーツ提供:FX比較のALL外為比較
アンテナサイト様
相互サイト様
おすすめサイト
人気記事
投票
アンケート
Face book
他サイト様新着記事
はてなブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ページ先頭へ HOME