当ブログについて

WMS

管理人:WMS
政治・経済・金融を中心した2chまとめサイトです。

相互RSS・リンク歓迎です。 依頼フォームよりご連絡ください。


このサイトの全記事一覧

最新記事
最新コメント
ページ内人気記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
アクセスカウンター
他サイト様人気記事
 
 

【菓子メーカー】「シャトレーゼがあるのは田舎」ってホント? 日本地図で検証



ph20170430_39.png 

1: わかば ★ 2017/04/29(土) 17:41:19.15 ID:CAP_USER
山梨県甲府市に本社を置く菓子メーカー「シャトレーゼ」は、各地の直営店で洋菓子やケーキ、パン、シュークリームなどを販売している。
甲府市で1954年、菓子専門店としてオープンしたのが始まりだった。既に創業60年を超えた老舗で、チェーンの菓子店として全国規模でその名は知れ渡っている。

そんな「シャトレーゼ」の名前が2017年4月27日、ツイッター上で一時的に「トレンド」欄に載るという珍しい現象が発生した。
その理由は前日に投稿された、以下のようなツイートがきっかけだった。

・都会ではないが田舎というと本物の田舎民に怒られるけど正直住宅地周辺が田畑に囲まれてて田舎感は拭えない地元を説明する時の個人的分かりやすいワード。
「シャトレーゼがある」

実は海外にもあった
ツイッターでは26、27日、近隣にシャトレーゼがあれば、そこは田舎と呼ぶにふさわしいのか否かを巡って、議論が勃発した

・だから何度も言ってるだろ!田舎には特に何もないんだって!
シャトレーゼすらないんだよ!!
なんだよシャトレーゼがあったら田舎って!!
そんなシャレオツな店が田舎にあると思うなよ!!

・シャトレーゼがトレンドにあったけど、どうやら田舎にしかないということらしい。めっちゃあるシャトレーゼ(笑)

果たして田舎は、都会よりシャトレーゼが多いのだろうか。「シャトレーゼ」の公式サイトで調べてみると、店舗検索の機能で簡単に都道府県別の店舗数が割り出された。
以下の日本地図でその結果を色分けで示したので、ご覧いただきたい。
http://j-town.net/tokyo/news/localnews/242697.html?p=all

これで、シャトレーゼと都会、田舎の相関関係は一目瞭然となった。全国47都道府県の中で、
シャトレーゼ店舗数のトップ3は、東京(38店)、愛知(36店)、埼玉(33店)の順で、4位・大阪(31店)、5位・福岡(30店)、6位・神奈川(29店)
、7位・北海道(27店)と続く。いずれも大都市を擁する都道府県で、「シャトレーゼがあるのは田舎だ」という命題はあてはまらない気がする。

他方で、1店舗もない県も10あった。四国(4県すべて)、東北(青森、岩手、秋田)、鳥取、島根、そして沖縄だ。

http://j-town.net/tokyo/news/localnews/242697.html?p=all

引用元:http://egg.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1493455279/




amazon
     

【破産】「500円ピザ」で急成長したが…… 「NAPOLI」運営の飲食ベンチャー破産



ph20170428_38.jpg 

1: ばーど ★ 2017/04/28(金) 16:01:30.53 ID:CAP_USER9
東京商工リサーチによると、ピザを中心に飲食店を展開していたベンチャー「遠藤商事・Holdings.」(東京都目黒区)が4月28日、東京地裁から破産開始決定を受けた。
500円前後の安価なピザを提供することで話題になり、急成長していたが、コスト負担も重くなっていたという。負債総額は約13億円。

「NAPOLI」「Napoli’s PIZZA&CAFFE」「DROP」「Barta」といった店舗を運営。職人技をシステム化し、窯焼きピザを1枚90秒で焼けるシステムを開発し、500円からの「ワンコイン窯焼きピッツァ」を売りにしていた。
2010年設立ながら、2016年9月期には25億円の売上高にKY8うう成長。餃子専門店や和食など他業態にも進出し、海外展開も視野に入れていたという。

だが一方で、出店費用や人件費、広告費などがかさんで経営を圧迫、借入金の負担も増していたという。今年に入り、取引先への支払遅延が起きるなど資金繰りがひっ迫し、事業継続を断念した。

配信 2017年4月28日 14時44分 (2017年4月28日 15時20分 更新)

ITmedia ビジネスオンライン
http://www.excite.co.jp/News/economy_clm/20170428/Itmedia_business_20170428113.html

別ソース
「500円で本格的なピザが食べられるお店」として多数メディアで紹介、ピザ店「NAPORI(ナポリ)」「Napoli’S(ナポリス)」などを全国展開していた遠藤商事・Holdings.が破産
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-00010003-teikokudb-ind

引用元:http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493362890/




amazon
     

【外食/労働問題】モスバーガー、50店が営業時間短縮へ 人手不足が深刻



ph20170427_33.jpg 

1: 弥弥 ★ 2017/04/26(水) 21:27:34.33 ID:CAP_USER
モスフードサービスは5月にかけて、全国のモスバーガーの一部店舗の開店時間を1~2時間遅らせる。
人手不足が深刻化して、原則午前7時の開店時間に合わせてパートやアルバイトが確保できない店がでているため。
代わりに早朝から店に出ていた加盟店オーナーの負担を軽くする。

モスの営業時間は原則午前7時~午後11時だが、パートやアルバイトが集まらない場合などは、営業時間を短縮できるようにする。
オーナーらにはすでに新方針を説明した。早朝の営業をやめたいとの申し出が多いといい、まずは約50店が開店時間を1~2時間遅らせる。

モスは2015年以降、オーナーや店長の長時間労働を見直す観点から、個別交渉で営業時間の短縮を認めてきた。
これまで営業時間を短くした店舗は国内1400店のうち400店にのぼる。
今回、人手不足を踏まえ、オーナーの判断をより尊重して営業時間を決められる仕組みにする。

朝日新聞デジタル 4/26(水) 20:38配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00000089-asahi-bus_all

引用元:http://egg.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1493209654/




amazon
     

【カフェ】なぜスタバより人気?ドトール、中年男性に愛される経営戦略、コメダ珈琲、星乃珈琲も人気



ph20170427_34.png 

1: わかば ★ 2017/04/25(火) 19:01:08.67 ID:CAP_USER
まずは最近、鳥取県にも進出し、ようやく日本全国を制覇したスターバックス。これは実にイメージ戦略が上手な企業です。人気ドラマの『メリーに首ったけ』や映画『プラダを着た悪魔』などにさりげなく登場させ、
アメリカ社会に溶け込んでいることを、アピールしています。アメリカじゃ驚異の1万2000店ですぞ。

 スタバはイメージがいいので、当然ながら若者に人気です。でも単独のオヤジ客にはさほどウケていません。メニューが豊富過ぎて、ついて行けないのです。
春先に売り出した「サンシャインマンダリンマンゴーティーフラペチーノ」って、舌噛んで死にそうになるっす。だいたいフラペチーノという冷たい飲み物が、オヤジにアウトですし。

中性脂肪が気になるオヤジにとっては控えたいもの。「実際はそんなにないですよ、だったらソイラテもありますし」という意見もあるけど、オヤジ世代は「脱脂粉乳がトラウマだから、
ミルクの代用品と聞いただけで、拒絶しがち」です。とりあえず飲み物は熱い普通のラテで済ませ、じゃ食べ物をチョイスしましょうか。

「クラブハウスサンド」を選ぶや、2つの具を、3枚のパンで挟んだ豪華サンドが出て来ました。けどデカ過ぎて、口にやっとほうばれる。若い女のコは食べれないのではないか。てことは、オヤジ向け? 
このサンドで560円はないでしょう。小諸そばじゃ、カツどんとソバのセットが600円ですぜ。オサレに生きるって、息苦しいことなのね~ドトールとは「がんばる人の、がんばらない時間」

■ドトールとは「がんばる人の、がんばらない時間」

日本のカフェの雄は、ドトールコーヒー。店はこじんまりしていますが、狭いながらも楽しい我が家って感じで、苦になりません。立って飲む場合もありますが、立ち食いそばで慣れているオヤジは、至ってラクチン。
コーヒー220円、カフェラテ250円の値段は特筆ものです。ここのラテはあらゆるコーヒーチェーンの中で一番旨いと思います。
夏場のアイスコーヒーも絶品で、箱買いして事務所の来客コーヒーに使っていた時期もありました。食べ物もジャーマンドッグが220円って、2つ食べても、スタバのクラブハウスサンドより安いのが、これまた嬉しいです。

オヤジ観点から見ても、ドトールは非常にマッチします。なにしろドトールのキャッチコピーは「がんばる人の、がんばらない時間」ですから。ということは、まさしくオヤジ向けに作っているのでしょう。
そう考えるとスタバは「オサレな人がくつろぐ、オサレ空間」と、理解すればいいのかも知れません。

■第三の波

第三の波は、いろいろ言われていますが、大手チェーン店の展開を考えますと、漢字の珈琲で表す店が増えているのです。
 これはコメダ珈琲、星乃珈琲、上島珈琲、椿屋珈琲などなどです。基本的には、昔の日本人がこよなく愛した、「喫茶店」の良さを拡大展開したものでしょう。

珈琲店はどこも素晴らしいのですが、次世代を担うと言ったら、やはりコメダ珈琲店のなんでもあり主義でしょう。コーヒーの味は普通ですが、広いテーブル、ボリュームのある食事、
新聞雑誌、読み放題と居心地は最高です。 名古屋のたっぷりモーニングは、90年代、名古屋に通いの仕事があったので、充分熟知しています。

コメダのポピュラー化後、おやじは次なるオアシスを探し始めています。そこで登場するのが、星乃珈琲店です。実はここ、「ドトール・日レスHD」の日レスからの出店。ドトールとは、親戚みたいな関係ですか。

今後の流れとしては、あくまで希望的観測ですが、若いコがオサレ疲れを起こして、おやじが好む珈琲店に、大挙流れると思われます。
欧米系カフェは、コーヒーよりもエスプレッソ、そしてクリーム系のメニューが売りです。一方、日本の喫茶店は、1970年あたりのジャズ喫茶などでは、豆をそのつど挽いて、
一杯ずつ出す、藤岡弘みたいな頑固オヤジのマスターがゴロゴロいました。ですから珈琲の味を本気で比べたら、日本の珈琲が断然美味しいです。恵比寿には「ヴェルデ」という、
一杯ごとに出す自家焙煎の喫茶店があり、よく利用していました。というわけで、オヤジ目線の流れでは「本格珈琲店の復活」と、

http://www.sankeibiz.jp/business/news/170417/bsd1704171847005-n5.htm
http://www.sankeibiz.jp/business/news/170417/bsd1704171847005-n4.htm
http://www.sankeibiz.jp/business/news/170417/bsd1704171847005-n3.htm
http://www.sankeibiz.jp/business/news/170417/bsd1704171847005-n2.htm
http://www.sankeibiz.jp/business/news/170417/bsd1704171847005-n1.htm

引用元:http://egg.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1493114468/




amazon
     

【食品】バター値上げ、明治も2商品 北海道の生乳価格上昇



ph20170426_37.png 

1: 鉄チーズ烏 ★ ©2ch.net 2017/04/25(火) 20:57:56.84 ID:CAP_USER
バター値上げ、明治も2商品 北海道の生乳価格上昇

4/25(火) 19:56配信
 乳業大手の明治は25日、家庭用バター2商品を6月から5円値上げすると発表した。乳牛の飼育頭数の減少で、北海道の加工用生乳価格が4月に引き上げられたため。乳業各社は相次いで値上げで対応している。

 明治は6月の出荷分から、家庭用の「明治北海道バター」(200グラム)を405円から410円に、「明治北海道バター食塩不使用」(同)を440円から445円(いずれも税抜き)に値上げする。生乳の生産者団体のホクレン農業協同組合連合会(北海道)が4月にバターなど加工用の生乳価格を1キロ当たり1円値上げしているためだ。

 乳業大手では、雪印メグミルクが5月から「雪印北海道バター」と「雪印北海道バター 食塩不使用」をそれぞれ5円値上げする。「森永北海道バター」を製造する森永乳業も近く値上げで追随する見通しだ。

朝日新聞デジタル 4/25(火) 19:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170425-00000088-asahi-bus_all

引用元:http://egg.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1493121476/




amazon
     
 
 
最新記事
 
 
 
 
天気予報

-天気予報コム-
検索フォーム
RSS・SNS・QR
  •  
  • にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ビジネス)へ
QR
為替レート
パーツ提供:FX比較のALL外為比較
アンテナサイト様
相互サイト様
おすすめサイト
人気記事
投票
アンケート
Face book
他サイト様新着記事
はてなブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ページ先頭へ HOME