当ブログについて

管理人:WMS
政治・経済・金融を中心した2chまとめサイトです。

相互RSS・リンク歓迎です。 依頼フォームよりご連絡ください。


このサイトの全記事一覧

最新記事
最新コメント
ページ内人気記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
アクセスカウンター
他サイト様人気記事
 
 

【その店違いますけど・・】誤りでミシュランの星獲得した店に客殺到!利用客「さすが星獲得店」満足へ



ph20170219_37.jpg 

1: パロスペシャル(北海道  [US] 2017/02/19(日) 02:13:26.08 ID:XLjNZjP30● BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典
【AFP=時事】フランス中部にある値段が安くてにぎやかなレストラン「ブーシュ・ア・オレイユ(Bouche a Oreille)」では、 このところウェイターたちが大忙しで客の対応に追われている──レストラン格付け本「ミシュランガイド(Michelin Guide)」で「誤って」一つ星を獲得してしまったからだ。

 17日の仏大衆紙パリジャン(Le Parisien)によると、仏語で「口コミ」を表す店名を冠したバー&レストラン「ブーシュ・ア・オレイユ」を経営する ベロニク・ジャケ(Veronique Jacquet)さんは同紙の取材に対し、客が「殺到している」が「うちの店は広くないし、ウェーターも4人しかいない」と話した。

「ベロ」の愛称で親しまれるジャケさんの店は、赤と白の水玉模様のクロスがかかったテーブルで、常連客が一皿12.50ユーロ(約1500円)の 「ブルゴーニュ風牛肉の煮込み」を平らげるようなカジュアルな店だ。

 しかし、先週発表された2017年フランス版「ミシュランガイド」のウェブサイト版では、同名の別の店と誤ってジャケさんの店が掲載され、 訂正されるまでに1週間近くかかった。ガイドの編集部は両店、さらに読者を混乱させたことに対し謝罪している。誤りがあったのはウェブサイト版だけで、 伝統を誇る書籍版や、モバイル版では問題はなかったという。【翻訳編集】 AFPBB Newshttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170218-00000037-jij_afp-int

引用元:http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1487438006/




amazon
     

【ワイン】世界で販売されるワインの5本に1本が偽物 専門家が警告



ph20170218_38.jpg 

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/07(火) 17:53:44.38 ID:CAP_USER
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170207-00015112-forbes-bus_all

世界で販売されるワインの5本に1本が偽物──。そう語るのは、「ワイン界のシャーロック・ホームズ」とも呼ばれる偽造ワイン専門家のモーリーン・ダウニーだ。

「誤ったブドウ品種を表示する偽造ワインやバルクワインから、スーパーで売られるワイン、ミラヴァル・ロゼやラフィットまで、 全てを合わせれば、20%という数字はまだ控えめな見積もりでしょう」
「偽造ワインの生産・流通量は今、世界規模で減少ではなく増加しています。犯罪組織が関与している事例もあるのです。
偽造品は市場から排除されることなく、偽造ワインを意図的に、あるいは知らず知らずのうちに扱っている業者によって流通させられています。
このような事例はこの目で何度も目撃してきました」

ダウニーは高級ワイン市場が活発な世界各国の都市をめぐり、偽造ワインについての啓蒙活動を続けている。
今週には3日間にわたり香港でワイン真贋鑑定についての講演会やセミナーを実施する予定だ。香港と中国の偽造ワイン事情は特に深刻で、 他の地域と比べて「とてつもなく大きな問題」だという。
「新興市場でのバイヤーは産地について聞くべき点や注意すべき点、ワイン鑑定に関する知識が浅いため、この市場は偽造品 の生産・販売業者にとって格好の標的となっています。中国で売られる高級ワインの最大5割が偽造品と考えられています」 

ダウニーは過去に、偽造ワインを大量に生産したとして米国で有罪判決を受け現在収監されてい
るルディ・クルニアワンの裁判で証言台に立った。「ルディが生産・販売した偽造ワインは、現在の市場で少なくとも5億5,000万ドル(約618億円)分に相当します。
このうちどれだけがアジアに渡ったかは分かりませんが、(香港で開催された高級ワイン競売の)アッカー・メラル・オークションや、これまであった仲介事例を見ていると、 半分以上であることは確かです」
ここ最近の懸念は、偽造ブルゴーニュワインの増加だという。「最近になって欧州から、これまでになかったほど多数の偽造品が出回っています。
これらは最近醸造されたものです。非常に高度な偽造品が新たな場所で生産され、怪しげな競売会社や販売業者、仲介業者によって販売されています。
産地はベルギーやフランス、スイスです」
偽造ワインを見分けるには、しっかりとした知識を持ち、ワインの産地や出所に注意を払う必要がある。
以下に、ダウニーがまとめた「偽造被害を最も多く受けているワイナリー10社」を紹介する。オークションに参加する際にはこれらに注意しよう。

1. シャトー・ペトリュス
2. ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ
3. シャトー・ラフィット・ロートシルト
4. シャトー・ムートン・ロートシルト
5. シャトー・ディケム
6. シャトー・ラフルール
7. ドメーヌ・コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ
8. ドメーヌ・アンリ・ジャイエ
9. シャトー・オー・ブリオン
10. シャトー・シュヴァル・ブラン

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1486457624/




amazon
     

【食】ミスド、からだに優しい「オイルカットドーナツ」を発売 脂質を4割カット



1: 海江田三郎 ★ 2017/02/14(火) 22:48:10.25 ID:CAP_USER
https://mdpr.jp/gourmet/detail/1663473
no title

https://prtimes.jp/i/5720/274/resize/d5720-274-749527-1.jpg

ミスタードーナツ/モデルプレス】ミスタードーナツから、「からだに にじゅうまる」シリーズ第1弾商品として、 「オイルカットドーナツ」が登場。2017年2月15日(水)より全国のミスタードーナツで発売される。

“からだにうれしいこと”を考えるミスタードーナツの新商品カテゴリーとして、「からだに にじゅうまる」シリーズを展開。

シリーズ第1弾商品として発売する「オイルカットドーナツ」は、“甘いものが食べたいけれど、
油分が気になる”という健康志向の消費者に応えて開発した。


ふんわり、もっちりとした食感と生地のおいしさをシンプルに楽しんでいただける「プレーン」
、紫いもシュガーをまぶした「紫いも」、きなこシュガーをまぶした「きなこ」の3種類が楽しめる。(modelpress編集部)

■オイルカットドーナツ プレーン
価格:129円(税込み)
■オイルカットドーナツ 紫いも
価格:129円(税込み)
■オイルカットドーナツ きなこ
価格:129円(税込み)
販売期間:2017年2月15日(水)~8月下旬※順次販売終了
対象ショップ:ミスタードーナツ全店(一部ショップを除く)

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1487080090/




amazon
     

【煙草】飲み屋で「禁煙」意外に好評…減収覚悟→禁煙前より売り上げ増えた



ph20170216_32.jpg 

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/16(木) 10:18:42.90 ID:CAP_USER
http://www.asahi.com/articles/ASK2G4R64K2GULBJ00J.html

「世界最低レベル」(世界保健機関)と言われている日本の受動喫煙対策。海外から多くの旅行客らが訪れる2020年の東京五輪・ パラリンピックなどを前に、国は対策を強化したい考えだが、「売り上げが減る」と飲食店業界が猛反対している。
一方で、個々には禁煙に切り替える店や最初から禁煙の店も広がっている。東京と大阪でそれらの店をめぐり、わけを聞いてみた。

■「きれいな空気の中で飲みたい」
 大阪府立成人病センターのがん専門の疫学研究者で、2年前からフェイスブック(FB)で禁煙店専門のグルメページ 「ケムラン」を主宰する伊藤ゆりさん(39)が案内してくれた。
 1月中旬に訪れた東京・神楽坂のパブ「ザ・ロイヤルスコッツマン」。「スコットランドビールに加え、(国産ウイスキーの) イチローズモルトの品ぞろえにびっくり。2軒目使いにもよさそう」と伊藤さんは早速FBで紹介した。

 店主の小貫友寛さん(39)はパリで料理の修業をした。フランスは日本よりも喫煙率が高いが、
「屋内は禁煙、喫煙は外、と徹底されていた。フランスでさえこれかと感心した」。
 そこで6年前、開店時から店内禁煙に。「禁煙の飲み屋などやっていけない」と同業者から言われて心配したが、 営業収入は安定して伸びている。「従業員の健康面からも禁煙で良かった」。2軒目のビストロレストランも禁煙にした。

 同じ神楽坂の小さな店が並ぶ小路沿いにある「marugame」。店主の丸亀知美さん(47)の手料理とワインを味わう。
こちらも開店時から禁煙だ。「食事を楽しんでほしいから、迷いはなかった」。ただ、悩みもある。「店から出てきてたばこを吸うお客さんが多いと、 小路が時々『喫煙通り』になってしまう。近所は住宅街だから心配」


 日を変え、大衆的な小規模店が軒を連ねる大阪・天満を訪れた。
 焼き鳥とワインの店「わっちょい」は開店5年目で、昨年5月から禁煙にした。きっかけは客がカウンターに座るなり すぐに出ていくのが相次いだことだった。店長の寺西恵莉さん(31)が後を追って理由を尋ねると、 「たばこ臭いところで食事などできない」。店全体の空気がカウンターを通り、調理場の排気口に流れ込んでいた。 
常連客からも「1杯千円ものグラスワインを頼んだのだから、きれいな空気の中で飲みたい」。
 寺西さんは店員と話し合い、減収覚悟で全面禁煙に。ワインの種類を充実させるなどの努力も重ね、 客単価は禁煙前より100~200円上がった。「売り上げが増えたというと驚かれる。香りを楽しみたいワイン愛好家のニーズにこたえた」

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1487207922/




amazon
     

【業績】かっぱ寿司、「脱カッパ」空回り 59億円の赤字に 2ch 「ロゴのカッパがいなくなったのが痛い」



ph20170214_38.jpg 

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/10(金) 18:45:38.44 ID:CAP_USER
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ10HIT_Q7A210C1000000/

回転ずしチェーン「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイトは10日、 2017年3月期の最終損益が赤字に転落する見通しを発表した。従来は11億7700万円の黒字を予想していたが、 59億400万円の赤字になる。昨秋、緑色の「かっぱ」でおなじみのロゴを変更するなどブランド戦略の見直しを実施したが、 空回り。ライバル店との競合が激しく、収益が厳しくなった。かつて回転ずし業界のトップに君臨していたかっぱ寿司の苦闘が続いている。


客単価上昇の効果も一時的
 カッパ・クリエイトが同日発表した2016年4~12月期の連結最終損益も55億7000万円の赤字(前期は20億6100万円の黒字)。
同社によると、「競合他社の積極的な出店戦略を受けた競争の激化で来客数が落ち込んだ」という。また、人手不足による人件費の増加が利益を圧迫した。

 同社がロゴの変更など「かっぱ寿司」ブランドの見直しに踏み切ったのは昨秋。消費者に定着してしまった「安っぽい」という イメージを払拭し、収益力を高める目的があった。新しいロゴは赤と金の皿を重ねたシンプルな図柄で、 チェーン全体のブランドを一新して出直す決意の表れとも言われた。 
ところが、新しいロゴを使った広告戦略も客単価の上昇などの効果が長続きしなかった。
広告宣伝費や販売促進費が先行して発生したことも利益を圧迫したという。カッパ・クリエイトは収益の落ち込みを受け 、全店舗の約3分の1にあたる105店の店舗の資産価値を見直し、13億2200万円の減損損失を計上した。

■コロワイドの足も引っ張る

(続きはサイトで)

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1486719938/




amazon
     
 
 
最新記事
 
 
 
 
天気予報

-天気予報コム-
検索フォーム
RSS・SNS・QR
  •  
  • にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ビジネス)へ
QR
為替レート
パーツ提供:FX比較のALL外為比較
アンテナサイト様
相互サイト様
おすすめサイト
人気記事
投票
アンケート
Face book
他サイト様新着記事
はてなブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ページ先頭へ HOME