当ブログについて

管理人:WMS
政治・経済・金融を中心した2chまとめサイトです。

相互RSS・リンク歓迎です。 依頼フォームよりご連絡ください。


このサイトの全記事一覧

最新記事
最新コメント
ページ内人気記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
アクセスカウンター
他サイト様人気記事
 
 

【野菜】もやしの価格「安すぎる」生産者が悲鳴 「一袋1円」で売られるからくり



ph20170320_38.jpg 

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/18(土) 09:50:14.81 ID:CAP_USER
https://www.buzzfeed.com/harunayamazaki/moyashi?utm_term=.yudYBqXKyL#.ah04Vp7xXD


節約の味方「もやし」が危ない? もやし生産者協会が「販売価格が安すぎる、 適正価格ではない」と訴える声明を発表しました。

スーパーで30円程度、安い時は10円台、特売セールで「5円!」なんてこともある、もやし。

しかし考えてみれば、そもそもなんでこんなに安いの……?
BuzzFeed Newsは同協会に聞きました。
生産コストは上昇、販売価格は安く 総務省家計調査によると、もやしの販売価格は100グラムあたり15.61円。一般的にスーパーで売られている 一袋(200グラム)に換算すると約30円となります。なんと、40年前の価格よりも低いようです。
しかし、生産コスト自体は特にこの10年で上昇しています。もやしの原料となる緑豆の高騰や質の定価、最低賃金の上昇、運送費の上昇などが主な理由です。
生産コストが上がれば価格も上がる……のが自然に思えますが、そうできない理由はあるのでしょうか?

「今の窮状はもやし農家のみなさんが、安定的に供給し続けることを最優先に考えてきたからこそ、なんです」
もやし生産者協会の事務局の担当者は、こう話します。
もやしの特長は、通常の野菜や果物の生産と異なり、天候に関わらず安定して生産できること。豆を水に浸し、 一定時間後に収穫する過程は、屋内の工場で管理されます。
当然、機械化でコストダウンできる部分もあり、原料や労働コストの増加をなんとかまかなってきました。
しかしそれも限界。小売店側の納品価格を上げる交渉も難しいようです。
それは、もやしが安定的な供給を見込まれてきたからこそ。「特売品」「目玉商品」として、季節災害などで野菜が高騰する時期にも活用されてきた経緯があります。
「いつでも安く買えて当然」という印象ゆえ、価格変動も少ないのが現状です。
生産者の声を聞く限り、卸値よりも安く販売されているケースも少なくないそう。とはいえ、スーパーが身銭を切って安く売ること自体は問題ないのでは……?
「赤字を出してまで安く売ること自体は小売店さんの裁量ですが、『隣のスーパーの値段に対抗しなくては。売値を合わせるために仕入れ値を下げたい』と 無理な価格交渉につながる可能性があります」
「あとは、単純に、自分たちが作ったものが投げ売りのような値段で売られているのは『そんな程度』と思われているようで悲しいですよね……。
極端な価格破壊が進むと、長期的にもやしの価値自体が損なわれていくのでは? という危惧があります」

「せめて40円で売ってほしい」
2009年には全国で230社以上あった生産者は100社以上廃業し、現在では130社以下になっています。
「苦しい時期を乗り越えられる大手でなければ厳しくなっている、のが現状です」。
同協会はきちんと利益を上げ、今後も生産を続けていくには「せめて小売店では40円程度で売ってほしい」と話しています。

「反響の多くは『安すぎると思っていた』『生産者に還元されるように』など好意的なものですが、『40円になったら高すぎる、困る』という声も届いています」
「これからも安定して安価に提供していきたい気持ちは当然ありますし、だからこそビジネスとして継続できる収益体制を整えたい。
消費者の方から『多少値上げしても買う』という声が上がったことが今後につながれば」

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1489798214/




amazon
     

【競売】田んぼ2反が63万円、激安「官公庁オークション」最新事情



ph20170313_39.jpg 

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/09(木) 10:01:17.77 ID:CAP_USER
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/200930

 家計を助ける「ふるさと納税」に見直しの動きが出ている。寄付額に応じた返礼品の競争が過熱しすぎて、 金券・商品券の場合の還元率は5割を超すものも出現。勝浦市の商品券は、なんと1万円の寄付で7000円分がもらえる。
商品券はネットで転売され、さすがに総務省も難色を示し始めているのだ。

 そこで注目されているのがヤフーの「官公庁オークション」だ。簡単に言えば、税金滞納者の差し押さえ品を インターネットで公売する仕組みだが、「食品・飲料」から「チケット・金券」、はては「不動産」まで何でもそろう 。しかも、“ワケあり”のため、価格は市価より安価だ。 

「平成28年度産のはえぬき玄米30キロを6800円の見積価格で出品しました。スーパーで買うよりお安いと思います。 他にゆうパック送料がかかります」(山形県最上町・税務課)
 見積価格とは、最低落札価格のこと。「せり売り形式」のため必ずしも6800円で買えるわけではないが、 運が良ければこの金額で手に入る。買い手が支払うのは落札金額のみで、手数料等は自治体が支払ってくれる。

また、「サントリー角瓶700ミリリットル」(大田原市出品)の見積価格は300円。スーパーで買えば1400円前後はする品物だ。「トヨタ プリウス1・8S」(埼玉県出品)もあり、 こちらは走行距離約9万3000キロ、2019年2月車検で35万円だ。

 リタイア後に農業をしたい人は、三重県志摩市が「自然豊かな環境で農業に最適」と公売している土地がオススメ。
2反強(2142平方メートル)の水田が63万円だ。
「入札は14日午後1時まで行っています」(志摩市・担当者)
 車ですぐの所に志摩スペイン村もあり、風光明媚な環境なのは確かだ。

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1489021277/




amazon
     

【発想の転換】見た目が悪くて廃棄を余儀なくされたキャベツ1万3千個の大逆転 「参加費1000円で車に詰め放題」→全て空っぽに



ph20170223_39.jpg 

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/22(水) 21:46:06.00 ID:CAP_USER
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170125-00010000-alterna-soci

見た目の規格外や価格調整という理由から、食べるにはまったく問題のない農作物が大量に廃棄されることがある。
昨年10月、僕が住む広島県北広島町芸北地区でそんな体験を目の当たりにした。
「せっかく苦労して作ったんだけどね。たくさんあるから好きなだけ持ってっていいよ」
農事組合法人芸北おおさの加計さんが寂しそうにキャベツを指さしてつぶやいた。

(中略)

「ルーシーさんの息子さんが経営してるお好み焼き屋でキャベツ使いますか?」
「本当?ありがとう!」
「1万3000個あるんだよ」
「え!?何それ!」

理由を説明すると、ルーシーさんは「それじゃあ顔が広い焼肉大学の大将、山根さんに相談しよう」と言った。
山根さんに相談してみると、「今、巷じゃ地震や大雨の影響でキャベツの値段が大高騰で広島中のお好み焼き屋が悲鳴あげとるんよ。
1個が600円前後のキャベツなんて誰も手が出ないよ」。
広島のお好み焼きはキャベツを大量に使うことで有名だが、一個600円のキャベツに地元のお好み焼き屋は悲鳴をあげていた。
キャベツの価格が高騰しているのか。じゃあこのキャベツを自分たちで収穫して広島市内に持って行き、激安で売りさばこうか。
でも1万3000個も自分たちで収穫して70キロも離れた市内に毎日軽トラで売りに出るのも大変だ。

「おい植田君、キャベツが高騰して庶民の手が出ない時こそ、大盤振る舞いするのが男の生き様じゃろ」 焼肉大学という焼肉屋を広島市内で経営する山根さんは、頼りになる男として広島では広く知られた総大将だ。
「なるほど確かにそうだ。それに軽トラで街にキャベツを持って行ってチビチビ売っても1万3000個なんて売りさばけるわけないし」
「そういえば、昨夜ワシの恋女房がクレヨンで描いた泣いてるキャベツの絵をフェイスブックに貼って、廃棄予定のキャベツの事を紹介したらすごい反響だったんよ。みんな芸北までキャベツ刈りに行きたいと言うとるよ」

それだ!
キャベツ刈りに来てもらえば収穫する手間はないし、芸北に観光客も呼べる。さらに高冷地野菜がどれほど美味しいかを知ってもらうPRにもなる。

どうせなら車にキャベツ詰め放題のほうが痛快だ。ちょっと参加費を貰って農家の売り上げのタシにしてもらおう。
僕らは、帰りにぞうさんカフェに寄ってもらえたらそれでいいじゃないか。街じゃキャベツは600円前後で売られているところもザラなのに、 一人50個収穫すれば一個あたり20円。
こうして「車に詰め放題キャベツ刈り、参加費1000円!」というイベントが突如始まった。
さっそくフェイスブックで参加者を募ったところ、驚くべきペースで毎日申し込みが来る。
軍手と包丁を持参して大勢の人たちが芸北までやってきた。ほとんどの人たちがキャベツの収穫は初体験だったが、みんな何とも楽しそう!
さらにライブハウスを経営するルーシーさんが音楽仲間をたくさん連れてきてくれて、キャベツ刈りの後は音楽ライブも開いてくれた。おかげでカフェも盛況だった。

「初めてキャベツを自分で収穫したよ」
「高冷地キャベツは甘くて美味いね!」
「高騰したキャベツにお手上げだったんだけど助かった」
「今回一人で300個ゲットしたよ。みんなに配ったら喜ばれて嬉しかった!」

評判は上々。大いに芸北の高冷地野菜のPRにもなった。
結局200組以上の方々が広島市内はもとより遠くは奈良や岡山、島根などからもやってきた。
廃棄の運命だったキャベツ1万3000個が、わずか2週間であっという間に人々の胃袋に入り、キャベツ畑は廃棄どころかキレイに空っぽ。
農家の皆さんには参加費全額を受け取ってもらった。
たくさんの人々が芸北に宿泊してくれて地元のホテルも賑わい、何より野菜がこんなに美味しいのかと喜んでくれる笑顔を見せてもらい、僕らも農家の皆さんも嬉しかった。
廃棄の運命だったキャベツが、一石二鳥どころか何鳥もの幸せをもたらせてくれたのだった。
1万3000個のキャベツたちも満足してくれたかな?

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1487767566/




amazon
     

【国際】日米首脳会談でFTA交渉入りを=米食肉業界、トランプ大統領に要望



ph20170209_32.png 

1: ひろし ★ ©2ch.net 2017/02/08(水) 23:35:39.58 ID:CAP_USER9
 【シカゴ時事】全米肉牛生産者・牛肉協会(NCBA)と全米豚肉生産者協議会(NPPC)は8日までに、トランプ大統領に書簡を送り、10日の安倍晋三首相との首脳会談で、日米自由貿易協定(FTA)の交渉入りを決めるよう要望した。
 両団体は「日本や他のアジア諸国への市場アクセスを確保することは、牛肉と豚肉業界の最優先課題だ」として、トランプ氏が離脱を決めた環太平洋連携協定(TPP)に代わる新たな枠組みの必要性を強調。日米FTA交渉に着手すれば、全面的に支援する考えを表明した。
 日本は、米国産牛肉と豚肉の最大輸出先。TPPにより関税が大幅に引き下げられれば、輸出を増やせるとして、両団体は早期発効を求めていた。 (2017/02/08-21:24)

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017020801257&g=pol

引用元:http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1486564539/




amazon
     

【農業】「日本のコメは世界一」という幻想…調査の結果、酢飯どころか白米でも米国産より上と言えない事が判明 2ch「上と言えない、ってつまり国産の方が勝ってるって事じゃん」「リーダー城島の意見が聞きたい」



ph20170205_35.jpg 

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/03(金) 10:27:57.95 ID:CAP_USER
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/252376/020100083/

「日本のコメは世界一おいしい――。そう言われると、多くの人は自尊心をくすぐられるし、本当にそうだと思っている人も少なくないだろう」

 こんな書き出しで昨年、この連載で記事を書いた(2016年8月5日「検証!日本vs米国、うまいコメはどっち?」)。書き出しのトーンで予想できる通り、記事の内容は日本のコメが米国よりも一方的においしいとは言えないというものだった。

なぜ国産米だけで競うのか
 「豊葦原の瑞穂の国」の日本人のプライドをゆさぶる根拠になったのが、日本炊飯協会が実施した食味検査だ。
検査で使ったのは米国を代表するコメのカルローズと、山形産のササニシキ、はえぬきの3種類。コメを炊き、酢飯にして味を比べたところ、 総合評価で軍配が挙がったのはササニシキで、カルローズとはえぬきに有意差はなかった。

 この検査のポイントは、ご飯を酢飯にして比べた点にある。米国のすし店で働く日本人の職人のあいだで 「カルローズは酢飯に合う」という評判が高まっているからだ。あえて相手の「土俵」に上がることで、日本のコメが本当に優位にあるのかどうかを確かめたわけだ。

 結果は、酢飯としての評価が高く、高級すし店で使われるササニシキはカルローズに負けなかった。
だが、スーパーのすしや回転ずしで使われることの多いはえぬきは、カルローズと有意差はなかった。
 すると当然、つぎの疑問が浮かぶ。「酢飯ではなく、白米で食べ比べたら、どうなるのだろう」。
日本穀物検定協会が毎年実施しているコメの食味検査に代表されるように、日本中の産地がコメの味を競い合っている 「今年は特Aがこれだけ増えた」といったことが、稲作の活況を示すかのように語られる。

 ところが不思議なことに、外国のコメと正面から比べることはほとんどない。海外からの輸入を心配するどころか、 「稲作の活路は輸出にある」などの指摘が農業界にはある。にもかかわらず、品質で比べてみようとしない姿勢は奇妙なことと言わざるをえない。

(続きはサイトで)

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1486085277/




amazon
     
 
 
最新記事
 
 
 
 
天気予報

-天気予報コム-
検索フォーム
RSS・SNS・QR
  •  
  • にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ビジネス)へ
QR
為替レート
パーツ提供:FX比較のALL外為比較
アンテナサイト様
相互サイト様
おすすめサイト
人気記事
投票
アンケート
Face book
他サイト様新着記事
はてなブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ページ先頭へ HOME