当ブログについて

管理人:WMS
政治・経済・金融を中心した2chまとめサイトです。

相互RSS・リンク歓迎です。 依頼フォームよりご連絡ください。


このサイトの全記事一覧

最新記事
最新コメント
ページ内人気記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
アクセスカウンター
他サイト様人気記事
 
 

【IT】Googleマップ、駐車した場所と時間を教えてくれる機能を追加



ph20170323_37.png 

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/21(火) 19:28:57.12 ID:CAP_USER
http://jp.techcrunch.com/2017/03/21/20170320google-maps-lets-you-record-your-parking-location-time-left-at-the-meter/

Googleに駐車した場所と車を停めた時間を教えてくれる便利な機能が追加された。現在地を示すブルーのドットの メニューから地図上に“P”アイコンを表示させることができる。このアイコンの位置を目指せば自分の車を発見できるわけだ。
駐車位置の記憶機能はiOS 10でAppleマップに追加されているが、Googleの新機能の方がやや便利かもしれない。

iOS 10のAppleマップはiPhoneのBluetooth、CarPlayとの接続が切れた位置を記憶する。ユーザーは 駐車位置を編集したりメモや写真を追加したりできる。〔Bluetooth接続の場合車載オーディオなどとのペアリングを事前に設定しておく必要がある〕。

車がCarPlayもBluetooth機器も搭載していない場合、Appleの位置マーク機能を利用することになる。

GoogleはすでにGoogle Nowを通じてスマート位置記憶機能を提供しているが、これはシステムのGPS情報を利用しているため、 車を停めた位置が自動的に記録される。
そのためときおり不適切な「駐車位置」が表示されることがあった。 Googleによれば、タクシーやバスを降りた場所が表示されることがあった.という。
Googleマップの新機能はユーザー側の操作を必要とするが、その分Google Nowによる推測より正確だ。ユーザーは情報を追加することもできる。

Appleマップの駐車位置記録機能と同様、メモを追加できる。これは高層駐車場などの場合、何階に停めたか記録することができて便利だ。
また複数の写真もサポートしている。駐車位置番号、フロア、セクション、カラーコードなど必要な写真を適宜追加できる。
Googleの駐車位置記録機能には「駐車場所を離れていられる時間」を設定できる。これはパーキング・メーター や時間決めの料金の駐車場など駐車時間が限定されている場合に非常に便利だ。ユーザーが「2時間」などと設定した場合、 マップには残り時間が表示される。決められた時間が過ぎるとマップはプッシュ通知を送ってくる。

Googleマップの新機能はつい先ほどArs Technicaが発見した。この記事によると、新たな駐車位置を設定するまで 駐車位置は記憶されるている。またマニュアルで駐車位置を消去できるという。駐車位置が永続的に記憶されるというのは、 空港などで長時間駐車ままにしておくような場合、非常に役に立つ機能だ。
Googleはこの駐車位置記録機能についてまだ公式発表はしていないが、この機能がまだiOS版には追加されていないからかもしれない。
しかしわれわれはGoogleに取材し、たしかに新機能が追加されていることを確認した。

この機能は現在Android((v. 9.49以降)のGoogleマップで利用できる。
〔日本版〕手持ちのAndroid上のGoogleマップではまだ新機能を確認できなかった。なおバージョンはAndroid OSのものではなく マップのバージョンなので注意。Googleマップのハンバーガー・メニューから設定を開き、[概要、利用規約、プライバシーポリシー] をタップするとバージョンが確認できる。

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1490092137/




amazon
     

【PC】自作PCをシミュレーションできる「PC Building Simulator」が無償公開



ph20170319_31.png 

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/17(金) 18:11:03.21 ID:CAP_USER
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1049915.html

フライトシミュレータといったメジャーなものから農業シミュレータといったニッチなものまで、
世の中には数々のシミュレータソフトが存在するが、ルーマニアのプログラマーClaudiu氏は、PC自作を体験できる「PC Building Simulator」を開発している。

 3月13日(現地時間)にプレアルファ版のPC Building Simulatorを公開しており、無償でダウンロード可能。
編集部ではWindows 10で動作することを確認した。

 内容としては、メニューからパーツを選び、各種パーツをマウスで操作してPCケース内の適切な場所に組み込んでいくという具合になっている。なお、パーツは実名の製品が使われているが、メーカーの許可を取っているかは不明。

 現在のところまだプレアルファ版ということで、きちんと機能していない点や、マザーボードが
ASUSのP8P67しか選べなかったりと、いろいろと不足しているが今後改善を試みていくという。
 同氏は人々に自作PCの楽しさを知ってもらうためにこのシミュレータを作製し、ゲームとして楽しめるようなものを作っていきたいとしている。
また、シミュレータで遊ぶというだけでなくお金を使わずにパーツ構成のプランを立てたり、自作の練習にもなればと語っている。

http://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1049/915/03_s.png
https://www.youtube.com/watch?v=kXXct40-tA0



https://mcintyre.itch.io/pc-building-simulator

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1489741863/




amazon
     

【PC】わずか5ドルの格安PC「Raspberry Pi Zero」の販売があきばお~でスタート



ph20170318_31.png 

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/15(水) 13:50:10.38 ID:CAP_USER
http://ascii.jp/elem/000/001/451/1451796/

 わずか5ドルという超格安価格が話題となったRaspberry Piの新モデル「Raspberry Pi Zero」の販売があきばお~でスタートした。
登場したのは変換アダプターやmicroSDカード、電源アダプターがセットになった「Raspberry Pi Zero Base Kit」だ。
 「Raspberry Pi Zero」は、30×65mmのコンパクト基板にBroadcom「BCM2835」(1GHz)やLPDDR2 512MBメモリーを搭載する超小型Linux PC。

インターフェースは、1080p60対応のminiHDMIポートのほか、microSDスロット、microUSB×2(データ×1/データ×1)。
またオプションながら、40ピンGPIOピンヘッダとコンポジットビデオヘッダを増設できるがハンダ付けが必要だ。

 なお、付属品は、4GBのmicroSDカード、USB電源アダプター、Mini HDMI-HDMI変換アダプターなど。
価格は3000円(税抜)。あきばお~零、あきばお~弐號店で販売中だ

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1489553410/




amazon
     

【OS】Androidの利用台数、ついにWindowsを抜く 2ch「スマホとPCはそもそも用途違うだろ。何だこの比較」「win10がクソすぎるから仕方ない」



ph20170314_34.jpg 

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/13(月) 21:17:35.95 ID:CAP_USER
https://news.yahoo.co.jp/byline/kokuboshigenobu/20170313-00068639/


インターネットに接続して利用されている全世界の機器のうち、米グーグルのOS「Android」を搭載する機器の数 が増え続けており、まもなくWindows搭載機器の数を追い抜く見通しとなっている。

こうした調査結果を、ウェブのデータ通信解析を行っているアイルランドのスタットカウンター(StatCounter)が公表した。

Windowsを上回るのは時間の問題
世界でインターネットにアクセスしている機器の中で、OSにAndroidを搭載する機器が占める比率は、今年2月時点で37.4%となり、 Windowsの比率である38.6%に僅差にまで迫ったという。

これは、パソコン(デスクトップ、ノート)やモバイル機器(スマートフォンなど)、タブレット端末のデータ通信量調査で 分かったもので、スタットカウンターは2012年からの各OSの推移をまとめている。
それによると、Windows機のネットアクセス比率は、5年前の2012年1月時点で82%と、高い水準だった。
一方、この時点におけるAndroid搭載機の比率はわずか2.2%だった。
ところが、Windowsはその後一貫して右肩下がりで推移。これに対し、Androidは右肩上がりで伸び続け、両者の差は1.2ポイントにまで縮まった。
スタットカウンターの分析によると、こうした変化は、スマートフォンの普及や、従来型パソコンの販売低迷、世界市場におけるアジア 地域の影響力の大きさによってもたらされたという。 

パソコンに限定して見ると、Windowsからのインターネットアクセスは84.1%と依然高い水準。しかし、今後も上述した傾向が続くことが予測されるため、 AndroidがWindowsを上回るのは時間の問題と見られている。
これについて、スタットカウンターのエーダン・カラン最高経営責任者(CEO)は、「AndroidがWindowsに匹敵するまでに伸びるとは、 5年前には考えられなかった。Windowsはパソコン市場の戦いで勝利したが、戦場はすでに別の所に移った」と指摘している。

アジアではAndroidが50%超
2017年2月時点のアクセス比率を地域別に見ると、北米ではWindowsが40.7%でトップとなり、このあと米アップルのiOSが24.9%で、Androidが20.3%で続いた。
欧州でも同様にWindowsが51.8%でトップとなり、Android(23.5%)の2倍以上で推移した。
一方でアジアは、Androidが51.8%と、Windowsの29.8%を大きく上回っている。
人々が普段、主に使う機器はパソコンからスマートフォンに移行しており、Android搭載機器がよく売れるアジア市場ではその傾向が顕著。
そして、最大のスマートフォン市場である中国が、世界に大きな影響を及ぼしている、ということのようだ。

「アップルに同情は要らない」
なお、この話題について報じている米シーネットの記事は、「アップルはスマートフォンとパソコンの市場で依然シェアが小さいが、 同社はスマートフォン業界全体が稼ぐ利益のほぼすべてを得ており、同情する必要はないだろう」と伝えている。
これは、昨年11月に米国の市場調査会社、ストラテジー・アナリティクスが公表したリポートのことを言っている。
ストラテジー・アナリティクスによると、iPhoneの昨年9月末までの3カ月における営業利益は約85億ドルだった。
これに対し、スマートフォン業界全体の同期間の営業利益は約94億ドル。
つまり、アップルがiPhoneを販売したことで得た営業利益は、同じ期間の業界全体の営業利益の約91%を占めた。
アップルに次いで営業利益が多かったのは、ファーウェイ(華為技術)、ビーボ(維沃移動通信、vivo Mobile Communication)、 オウポ(広東欧珀移動通信、OPPO Mobile Telecommunications)の順で、これらはいずれも中国のスマートフォンメーカー。

しかし、3社の昨年7~9月における営業利益はいずれも約2億ドル。利益シェアはそれぞれ2.4%、2.2%、2.2%にとどまっている。

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1489407455/




amazon
     

【調査】日本の個人PCにインストールされている危険ソフトのトップ3 「iTunes」「JAVA」「Lhaplus」



ph2017032_35.jpg 

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/11(土) 18:19:18.98 ID:CAP_USER
https://scan.netsecurity.ne.jp/article/2017/03/09/39529.html

フレクセラ・ソフトウェア合同会社(フレクセラ)は3月8日、同社のSecunia Researchによる
「Personal Software Inspector 国別レポート - 2016 年第 4 四半期」の日本の状況について発表した。
同レポートは、Personal Software Inspectorで実行されたスキャンのデータに基づくもので、
2016年10月1日から12月31日までのデータを12カ国の国別にまとめたもの。

レポートによると、日本の個人PCには平均63個のプログラムがインストールされており、
このうち7%はサポート期間が終了し、ベンダからのパッチが適用されていないことが判明した。
対象期間において、Windows OSにパッチを適用していないユーザは6.5%と前四半期(5.0%)から増加している。
マイクロソフト以外のプログラムにパッチを適用していないユーザは14.4%で、前四半期(14.3%)、前年同期(11.5%)より増加した。

レポートでは、同四半期における危険度トップ3プログラムとして、
「Apple iTunes 12.x」(パッチ未適用率57%、市場シェア42%、脆弱性29件)、
「Oracle Java JRE 1.8.x / 8.x」(パッチ未適用率53%、市場シェア43%、脆弱性39件)、
「Lhaplus 1.x」(パッチ未適用率63%、市場シェア26%、脆弱性0件)を挙げている。

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1489223958/




amazon
     
 
 
最新記事
 
 
 
 
天気予報

-天気予報コム-
検索フォーム
RSS・SNS・QR
  •  
  • にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ビジネス)へ
QR
為替レート
パーツ提供:FX比較のALL外為比較
アンテナサイト様
相互サイト様
おすすめサイト
人気記事
投票
アンケート
Face book
他サイト様新着記事
はてなブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ページ先頭へ HOME